コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎医師からのアドバイス: 関節炎と睡眠の重要性

研究によると、関節炎患者の 80% が何らかの睡眠障害を経験しています。睡眠障害は、寝つきが悪く、夜中に何度も寝返りを打ったり、まったく休む前に目が覚めたりと、多岐にわたります。結局のところ、このような状態が 1 晩続くと、特に慢性的な痛みを抱えている場合は、全体的な健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

睡眠と関節炎の関係は、痛みで夜眠れなくなることと、十分な休息が取れず痛みに弱くなることの両方に関係しています。実際、睡眠不足は痛みを悪化させます。したがって、痛みの管理に向けてより積極的な対策を講じたい場合は、以下の手順に留意して、十分な睡眠をとるようにしてください。

1. 医師に相談する

関節炎患者の多くは、睡眠の問題は自分の症状とは関係ないと考え、医師にそのことを伝えません。一晩中中断なく眠ることが実は大切だと認識したら、医師と話し合い、何が睡眠を妨げているのかを確かめることが大切です。痛みがひどいからでしょうか?トイレに頻繁に行っていませんか?ストレスで寝返りを打っていますか?呼吸が苦しくありませんか?これらすべてが日中の疲労感につながります。そして、その問題に対処するには、まず医師にそのことを打ち明けることから始めるとよいでしょう。

2. 定期的なスケジュールを維持する

できる限り、週末であっても毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床するようにしてください。これにより、体内時計を維持するのに役立ちます。

3. 午後の長い昼寝を避ける

日中に 45 分以上昼寝をすると、夜に眠れなくなることがあります。十分な睡眠が取れるよう、日中は起きているようにしましょう。

4. 活動的に過ごす

可能な限り、アクティブなライフスタイルを維持するようにしてください。毎日 150 分間、中程度から激しい運動をする人は、日中の疲労が 65% 減少すると言われています。ただし、運動は日没前に行うようにしてください。夕方に運動すると、脳の活動が刺激されて眠りにくくなり、逆効果になることがあります。

5. ガジェットを遠ざける

スマートフォンの電源を切り、ノートパソコンを離し、ベッドにいる間はタブレットや Kindle を使いたくなる衝動を抑えてください。夜間にデジタル デバイスを頻繁に使用すると、デバイスが発する人工光により、体内時計を太陽に同期させることが難しくなります。

6. ストレスを管理する

症状に対処しようとする際に、心配事を話すことは、ストレスによる眠れない夜を避けるために重要です。ヨガや瞑想などのリラクゼーション法を試して、心を落ち着かせ、考えを落ち着かせましょう。

これらのヒントを試してみて、一晩中ぐっすり眠れるかどうか確かめてください。また、ご質問がある場合や、圧迫衣類などの補助具を症状の管理にどのように使用できるかを知りたい場合は、下記にメッセージを残してください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策