コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎医師が解説: 関節炎患者にとって疲労はどれほど深刻なのでしょうか?

誰でも疲れます。しかし、健康な人にとっては、一晩ぐっすり眠れば、疲れは癒されます。温かいお風呂に入り、マッサージを受けて、8時間眠れば、次の日には元気に起きて、世界に立ち向かうことができます。

残念ながら、これは必ずしも当てはまりません。関節炎患者は、医療専門家が疲労と呼ぶレベルの疲労を経験します。これは、生活全体を混乱させる種類のものです。睡眠をとった後(睡眠がまったく取れない場合でも)良くなるものではありません。また、予想もしなかった方法で生活の質や精神的健康に影響を与える可能性があります。

悪循環

慢性的な痛みや炎症に苦しんでいる場合、疲労はほぼ避けられません。

私たちの体の免疫システムは、私たちの健康を維持する役割を果たしています。しかし、関節リウマチ(RA)の場合、私たち自身の免疫システムが体を攻撃して炎症を引き起こし、体はサイトカインと呼ばれるタンパク質を過剰に生成することでそれを補い、疲労を引き起こします。

最も一般的な関節炎である変形性関節症では、関節の損傷や徐々に進行する摩耗により慢性的な痛みが生じ、睡眠パターンに影響が出ることがあります。また、痛みのために夜眠れなくなり、疲労が増すこともあります。

痛みはすぐには消えないので、疲労もすぐには消えません。痛みのために夜眠れなくなり、疲労が悪化する可能性があります。また、極度の疲労の場合は、痛みの症状が悪化することもあります。

何ができるでしょうか?

疲労が関節炎とどのように関連しているかを理解することが、関節炎の管理の第一歩です。眠れない原因を痛みのせいにするのは簡単ですが、痛みに対処する方法や痛みを引き起こすさまざまな外的要因について学ぶことで、痛みを管理する方法を特定するのに役立ちます。

1. 薬物療法

特定の薬が眠気を引き起こしたり、疲労の症状を悪化させたりすることがあります。日中に疲労感や倦怠感を感じる場合は、特にこれがいつもの症状ではない場合、医師に相談してください。処方薬のリストを確認してください。鎮痛剤、抗炎症薬、抗ヒスタミン薬、またはコルチコステロイドが含まれていますか? 含まれている場合は、代替オプションを検討できるかどうか、医療専門家に相談してください。

2. 非活動

痛みと疲労のため、活動的なライフスタイルを維持するのは困難です。しかし、使われていない筋肉は、活動しないと弱くなる傾向があります。当然のことながら、慢性的な関節の痛みや炎症に苦しんでいる場合、活動的なライフスタイルを維持することは必ずしも可能ではありません。しかし、可能な場合はいつでも身体活動を行うことで、疲労の症状を管理するのに間違いなく大いに役立つことを覚えておいてください。

3. 睡眠不足

関節炎患者にとって、睡眠のような基本的なことでさえ問題になることがあります。快適な睡眠姿勢を見つけることや、夜中に痛みで目が覚めてしまうことはよくあることです。医療専門家に相談してください。

関節炎患者の多くは、睡眠と関節炎の間に直接的な関係があることを知りません。これが、医師の診察でこの問題がほとんど取り上げられない理由の 1 つです。症状のせいでぐっすりと眠れないことを医師に伝えることは、受ける治療と介入の質にとって非常に重要です。

4. 栄養不足

栄養も、質の高い休息をとる上で重要な役割を果たします。特に現在の状態を考えると、体は大量の水分、ビタミン、ミネラルを必要とします。特に就寝前の夕方には、ジャンクフードや塩辛い食べ物は避けてください。甘い飲み物は水や緑茶に替えてください。また、健康を維持するためにどのようなビタミンやサプリメントを摂取すればよいか、医師に相談してください。

5. うつ病

関節炎のような慢性疾患は、手に負えないほどつらいものです。次に何をすべきか正確にわからず、相談できる人や優れたサポート体制もなく、適切な医療介入もなければ、精神衛生に悪影響を及ぼす可能性があります。患者の間ではうつ病がよく見られ、不眠症を引き起こし、疲労感や倦怠感を増すことが知られています。必ず医療専門家に相談し、助けを求めてください。

最後に…

関節炎患者は、家族や友人と楽しんでいたちょっとしたことをできなくなったときに罪悪感を抱きがちです。自分の病気によって課せられた制限を思い出すだけでなく、愛する人たちが実際に楽しむことを妨げているように感じます。彼らは重荷と思われたくないので、助けを求めないようにします。その結果、彼らは人々から孤立してしまいます。

関節炎や疲労に悩む人を知っている人は、次回仕事の後に寝酒などちょっとしたことに誘うときでも、この事実に気を付けてください。彼らは痛みを感じながらすでに 8 時間も仕事をしていて、眠れない夜を過ごした後、なんとかその日を乗り切ろうとしている可能性が高いことを思い出してください。

関節炎患者は、自分の気持ちをオープンに伝えましょう。症状を隠したり、何も問題がないふりをしたりせず、自分が経験していることを大切な人に伝えましょう。

疲労を管理するには、疲労の原因となる要因を特定することが重要です。このリストは完全なものではありませんが、会話を始めるには最適な出発点です。共有の精神で、以下にコメントして、疲労の原因となる他の要因を共有してください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策