コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

痛みの症状を医師に伝える方法

関節炎の治療では、あなたと主治医とのコミュニケーションが重要です。しかし、それはすでにご存知でしょう。より重要な懸念は、自分の症状を医師に最も効果的に伝えるにはどうすればよいかということです。

痛みを感じているとき、その痛みについて詳しく説明するのはたいてい最もしたくないことです。しかし、医師はあなたの症状をすべて解決する即効薬を処方したいと思っても、あなたが痛みの症状を正直に詳細に伝えなければ、そうすることができません。そして、それ自体がすでに十分に困難であるかのように、進行中のパンデミックにより診察がオンライン プラットフォームに移行していることが加わり、患者が医師に症状を明確に表現して説明するのがさらに困難になっています。

あなたの負担を軽減するために、私たちは専門家に話を聞き、あなたの症状について彼らが知りたいことについてさらに情報を収集しました。

1. どこに痛みを感じますか?

関節炎患者は、必然的に痛みを経験します。この痛みに対処するために医師が最初に知りたいことの 1 つは、痛みを感じている正確な場所です。痛みは特定の部位に限定されていますか、それとも広範囲に及んでいますか? 痛みは体の片側だけに感じますか、それとも両側に感じますか? 痛みは特定の 1 箇所だけですか、それとも動きに応じて他の部位に広がりますか? 関節の正確な名前を挙げる必要はありません。オンラインでも対面でも、痛みの現れる場所を指差して、痛みがどのように現れるかを正確に説明できます。

2. 痛みの閾値を明確にする

医師は、痛みを 0 から 10 のスケールで評価するように求めることがよくあります。問題は、痛みに対する認識が人それぞれ異なることです。慢性的な痛みに悩まされている人にとって、関節の痛みに 24 時間 365 日対処する以外に選択肢がないため、痛みの閾値が通常よりも高くなることは珍しくありません。医師にこのことを説明することが重要です。

たとえば、レベル 3 の痛みを頻繁に経験するが、通常はこのレベルで通常の日常生活を送ることができる場合は、その旨を伝えます。痛みのレベルがさらに高くなったら、鎮痛剤を飲むようになりますか? 医師に電話せざるを得なくなりますか? これらは、医師が個人レベルであなたの痛みのレベルを理解するのに役立ちます。

3. 痛みが日常生活に影響している場合は医師に相談する

関節炎が日常生活に及ぼす機能的影響は、医師が知って理解しなければならないことです。患者は、この情報は非常に個人的なものであると思われるため、しばしばこの情報を控えます。関節に痛みを感じると言うのと、痛みのせいでベッドから起き上がれないと説明するのでは、大げさに聞こえるかもしれません。しかし、このような詳細こそ、痛みがあなたの生活にどのような影響を与えているかを理解するために医師が知っておく必要があるものです。

痛みのために服を着る、ドアを開ける、入浴する、車の乗り降り、家事、階段を上る、眠るなどの動作が困難になっているかどうかなど、経験する機能の低下は、痛みがどの程度衰弱させるのか、またそれが日常生活にどのような影響を与えているのかを医師が理解するのに役立ちます。

4. 痛みをできるだけ詳しく伝える

関節炎患者が感じる痛みを説明する普遍的な方法はありませんが、関節痛の身体的感覚を明確に表現することは、症状の原因を特定するのに大いに役立ちます。

たとえば、関節リウマチ (RA) による炎症性疼痛は、ズキズキと痛む、鋭い痛み、熱い痛みと表現されることが多く、関節に走るような痛みや、特定の部位に焼けるような感覚が現れるのが一般的です。一方、変形性関節症 (OA) は、関節が骨と骨が擦れ合うような痛みと表現されることが多く、関節に圧力をかけると、関節が砕けそうな感じがすることがあります。

5. 痛みの程度に影響を与える要因は何ですか?

これは、RA や OA、腱炎、過度の運動、その他の一般的な関節疾患など、痛みの症状の本当の原因を医師が判断し、最適な治療方法を判断するのに役立つ重要な情報です。

例えば:

  • 関節のこわばりを伴って朝になると痛みがひどくなることがありますか?
  • 少し休むと痛みは和らぎますか?
  • 痛みを感じる特定の関節に圧迫製品を使用すると効果があります?
  • 患部に熱を加えると気分が良くなりますか?
  • 長時間同じ姿勢でいると痛みは悪化しますか?
  • 痛みは一日中続きますか?それとも時々起こりますか?
  • 動くと痛みは悪化しますか?

6. 薬が効いていると感じますか?

皆さんの多くにとって、これは初めての経験ではありません。どんな種類の関節炎であっても、症状や病気の進行を抑えるために、すでに何らかの治療プログラムを受けていることでしょう。現在の治療法で何かがうまくいかないと感じたら、遠慮せずに医師に相談してください。

医師に相談せずに単に服用を中止したり、服用量を調整したりしないことが重要ですが、薬が効かなくなったと思われる場合は、医師が服用量を簡単に調整したり、より良い結果を得るために服用量を変更したりすることができます。

7. 心の健康について医師に伝える

感情的な健康は身体的な症状に影響することがあります。たとえば、関節炎患者は不安やうつになりやすく、睡眠不足に陥りやすく、それが痛みの発作を引き起こすことがあります。繰り返しになりますが、感情的な健康は治療とは関係のない情報のように思われるかもしれませんが、医師にこれらの詳細を伝えることは、長期的な痛みの管理のためのより持続可能で包括的なアプローチを見つける上で非常に有益です。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策