コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

knee-braces-support

関節リウマチは誤診されやすい

特定の健康状態は非常に複雑です。症状は他の状態と重複する傾向があり、これが診断を非常に困難にする可能性があります。

関節リウマチ(RA) は、こうした病気の 1 つです。この自己免疫疾患は診断が難しいことで有名で、残念ながら患者の健康と正気を犠牲にしています。症状は他の多くの病気と似ており、再発したり治まったりするため、ほとんどの人は症状が悪化する前に無視してしまいます。

残念ながら、臨床検査は 100% 正確ではありません。また、X 線検査では病気がかなり進行した場合にのみ症状が明らかになります。

自己治療や投薬が危険な理由

RA の初期症状は非常に小さいため、無視されやすい傾向があります。少ししびれたり、チクチクしたり、突然痛みを感じたりします。

多くの人は、医療の助けを求める前に、何らかの自己治療を試して症状を管理しようとします。これには通常、市販の鎮痛剤の服用が含まれ、症状に対する一時的な解決策として役立ちます。

当然ながら、症状がそれほど重くない場合は特に、医師の診察を受けるのが難しいです。しかし、症状が改善しないことに気づいたら、信頼できる医師に助けを求めなければなりません。

注意すべき主な症状

実際に注意すべき症状は何でしょうか?

手首や手のチクチク感は、手根管症候群として軽視されがちですが、これは RA の症状である可能性があり、特に、怪我の治癒に時間がかかりすぎるなどの他の重大な兆候と組み合わせると、その可能性が高くなります。また、前足の痛みや炎症、目の問題、関節の痛みに気付いた場合、これらは同時に起こる傾向があります。後者は特に、RA の症状が左右対称である傾向があること、つまり通常は両手、両足、両膝に症状が現れることから、特に重要です。また、痛みは一般的な関節痛よりも長く続く傾向があり、通常は 1 週間以上続きます。

その他の兆候としては、朝の関節のこわばり、膝や肘のロック、結節などがあります。

早期診断の重要性

医療専門家に相談することは、RA を早期に特定する上で役立つ可能性があります。しかし、皆さんの多くが経験したことがあるように、かかりつけの医師でさえ症状の原因を特定するのは非常に難しい場合があります。

現在、診断を受けるまでの過程にある方のために、あなたと医師を正しい方向に導くために心に留めておくべきことがいくつかあります。

  • 現在の診断結果に満足していない場合は、遠慮なく伝えてください。追加の検査を受けられるかどうか尋ねたり、セカンドオピニオンを求めるために結果のコピーを要求したりしてください。
  • 正確で詳細な病歴を必ず共有してください。何も省略しないでください。症状は無関係だと思うかもしれませんが、あなたの状態を明らかにするのに役立つ可能性があります。
  • 医師でさえもあなたの病状を特定するのが困難で、 RAの最も軽い兆候さえも示していることに気づいたら、あなた自身が RA の可能性を指摘し、リウマチ専門医への紹介を依頼してください。
  • 諦めないでください。医師はあなたのために最善を尽くしています。しかし、自分の体のことを一番よく知っているのはあなた自身です。何かがおかしいと感じたら、処方薬が効かなかったり、症状が続いたりしたら、答えを探し続けてください。
前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策