コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎の医師が語る:真実は、関節炎に自分を支配させないことは、決して簡単なことではないということ

慢性的な痛みに悩む私たちは、関節炎が私たちの病気のすべてではないとよく言われます。

私達は同意します。

しかし、病気が私たちの時間、思考、感情、そして体力を奪ってしまうと、関節炎に左右されないようにするのはかなり難しいことです。

実のところ、私たちは関節炎に圧倒されたくないのですが、ある時点で、関節炎が強烈な喪失感と悲しみを引き起こしたことがあります。特に、関節炎は結局のところ、それを中心に生活計画を立てなければならない病気だと気づけば、なおさらです。

一度この事実が理解されると、私たちは診断に伴う喪失を嘆き始めます。関節炎患者が職業選択を見直し、優先順位を見直し、ライフスタイルを再評価することは珍しくありません。そして、これは実際に関節炎患者が取り組むべき最も困難なことの 1 つです。たとえば、仕事で特に大変な一日を過ごした後、外出するように言われ、余裕のあるエネルギーがないことに気付いたとき、私たちは病気に打ちのめされたように感じがちです。かつては好きで楽しんでいたことを人々がやっているのを見ると、私たちが送ることができたはずの人生を失ったことを嘆き始めます。可能性や将来についての話になると、私たちは自分自身の不確実性に圧倒されます。

残念ながら、こうした感情は必ずしも十分に考慮されるわけではありません。なぜでしょうか? 関節炎患者として、私たちは前向きで希望を持ち、前向きな姿勢を保つことが、この病気の身体的、精神的、感情的な課題を管理するのに大いに役立つことを知っているからです。

とはいえ、関節炎患者が経験する喪失感、孤独感、失望感を否定するものではありません。関節炎に負けないように努力しても、負けてしまう日もあるからです。

実のところ、慢性的な痛みに対処しているとき、常に明るい面を見ることができるとは限りません。痛みがひどくなる日には前向きでいるのは難しいです。また、痛みのせいで自分の体をコントロールできなくなったように感じるときには、常に希望を持てるわけではありません。しかし、このような場合、関節炎を患って生きる現実を自覚し、愛する人たちに自分が経験していることをオープンに伝えることで、それを乗り越えるために必要なサポートを得ることができます。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策