コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

A Comprehensive Review of the Best Copper Infused Gloves Of 2022

2023 年のベスト銅配合手袋の包括的なレビュー

手や手首の痛みは、日常生活で数え切れないほど多くの人々を悩ませています。痛みだけなら大したことないように思えますが、家事、スポーツ、コンピューターの使用などの日常の活動と相まって、生活に支障をきたすことがあります。

手の痛みは、手荒れに悩まされる人にとっては絶え間ないものです。幸いなことに、(手荒れの原因にもよりますが)症状に対処したり、薬や外用薬を必要としない程度まで症状を改善したりする方法があります。最良の選択肢の 1 つは、銅を注入した圧縮手袋です。これは非侵襲的な解決策であり、薬や手術のように身体を物理的または化学的に変化させることはありません。

銅を注入した手袋は、数え切れないほど多くのブランドが製造しており、手頃な価格で入手しやすいです。しかし、競争と選択肢の多さは、市場で高品質の製品が入手できることにとって素晴らしいことですが、手や手首の痛みを管理するのに最適な製品を見つけたい人にとっては、選択肢が多すぎて困惑することになります。この記事では、Dr. Arthritis が販売している最高の銅を注入した手袋のいくつかについて詳しく説明し、それぞれについてレビューと比較を行い、どれが自分にとって最適かを理解する手助けをします。まずは、基本的なことから始めましょう。

銅配合圧縮手袋とは何ですか?

銅を注入した圧縮手袋の目的を理解するために、その主な構成要素を分解してみましょう。

一般的に、圧縮手袋は、痛み、腫れ、または硬直を感じている手や手首を十分にサポートするように設計されています。圧縮は、きつくてぴったりとしたフィット感(ただし不快ではない)を提供する必要があります。手袋は、穏やかな圧力をかけることで、その部分の循環と血流を改善し、手首が過度にまたは突然動くのを防ぐように設計されています。これは、時間の経過とともに、症状や怪我を悪化させることなく、体の自然治癒力を高めるのに役立ちます。

市場で最も優れた圧縮手袋にも銅が注入されています。銅には、同じ目的に貢献する多くの利点があります。手袋の内側の銅は抗菌および抗真菌層として機能し、臭いの原因となる細菌が手袋に蓄積するのを防ぎます。これは、高温多湿の気候に住んでいる人にとっては重要な考慮事項となる可能性があります。

治療できる病気や症状

銅を注入した圧縮手袋は、手や関節の痛みを引き起こすさまざまな症状に有効です。一部の製品は特定の症状専用に設計されていますが、他の症状にも常に役立ちます。最も一般的なものをいくつか紹介します。

関節炎

リウマチ性関節炎と乾癬性関節炎の両方に悩む人にとって、銅を注入した圧縮手袋は素晴らしい効果を発揮します。関節炎は、手の関節や関連部位に痛みや腫れを引き起こすことがあります。この手袋は、関節に適切な圧力をかけることで痛みや腫れを大幅に軽減し、日常生活を比較的支障なく続けられるようにします。銅を注入した圧縮手袋は関節炎の永久的な治療法ではありませんが、痛みを和らげるために長時間着用しても害はありません。

レイノー症候群

レイノー症候群に悩まされている人は何百万人にも上り、特に寒冷な気候の地域では顕著です。この病気は、血行不良に関連する問題が原因で、手が冷たくなり、指がしびれる症状を引き起こします。残念ながら、レイノー症候群の永久的な治療法はありません。症状は、自分が実際にこの病気にかかっていることに気付かないほど軽いものから、適切な保温性と断熱性のある手袋が必要なほど重篤なものまでさまざまです。銅を注入した圧縮手袋は驚くほど保温性が高く、レイノー症候群に悩まされ、非侵襲的で目立たない解決策を求めている人にとって大きなメリットとなります。

負傷

手の怪我は、非常によく起こります。手と手首は、体の骨格構造の中で最も怪我をしやすい部分で、多くの靭帯が各指にまで伸びています。スポーツ関連の怪我、反復性緊張、その他多くの原因により、適切に治癒する時間が与えられないと、その部分に慢性的な痛みが生じます。銅を注入した圧縮手袋は、着用者がそれほど痛みを感じることなく作業を続け、怪我が早く治癒するようにしながら、十分なレベルのサポートを提供するため、この目的に最適です。

手根管

手根管症候群は、手首、特に正中神経に激しい痛みを引き起こす可能性があります。手首を不適切な位置に置く反復的な動作、糖尿病、肥満、関節炎など、さまざまな動作やその他の状態が手根管症候群のリスクとなります。手根管症候群は、銅を注入した圧縮手袋などの解決策で自己治療できることが多く、手首を健康で安定した位置に保ち、治癒を促進します。

さらに多く…

手首の痛みの他の多くの原因は、銅を注入したサポート力のある圧縮手袋によって改善されます。不明な点がある場合は、必ず医師に相談するか、Dr. Arthritis に連絡して、手袋が最適な選択肢であるかどうか、またはより効果的な他の製品があるかどうかについてアドバイスを受けてください。

関節炎医師からの選択肢

Dr. Arthritis は医師によって設立されました。私たちの経験は、患者の病態生理学と、どの解決策が最も効果的かを理解するのに役立ちます。私たちはこの知識を、銅注入圧縮手袋などのシンプルでありながら効果的な製品や、痛みを和らげて症状を管理するためにライフスタイルを調整する方法に関するアドバイスに反映させています。

銅配合指なし圧縮手袋

当社の標準の銅注入指なし手袋は、手首や手の痛みを簡単に解消したい方に最適です。指先が開いたスタイルで、スマートフォンの操作やその他のタッチ感度の高い作業の能力を失うことなく、十分なレベルのサポートと圧縮を求める方に最適です。

最適な用途:

関節炎(骨関節炎、リウマチ性関節炎、反応性関節炎、乾癬性関節炎)、レイノー症候群、スポーツ関連の怪我、デュピュイトラン拘縮、SLE、線維筋痛症、および関連疾患による痛みに苦しんでいる場合は、この手袋を入手してください。

フルレングス銅圧縮手袋

最大限の保護と圧縮力を備えた手袋をお探しの場合は、フルレングスの銅注入手袋をお選びください。指なしタイプと似たデザインで、フルレングスの銅注入手袋は、患者の血流を改善し、腫れを抑え、痛みを和らげるのに役立ちます。

最適な用途:

銅を注入したこの手袋は、骨関節炎、リウマチ、乾癬性関節炎、レイノー症候群、スポーツ傷害など、さまざまな症状に悩む方に最適です。また、指関節や指の関節の痛みに悩む方にも最適で、その部分にも圧迫を与えます。

銅配合リストスリーブ

銅を注入したリスト スリーブは、手袋と機能的に少し異なります。手の関節に重点を置くのではなく、手首を優先します。手首は、痛みを引き起こすさまざまな症状や怪我の影響を受けやすいため、このような銅を注入したリスト スリーブは手袋の優れた代替品です。手首に理想的なサポートと圧縮を提供し、痛みを和らげる効果がありながら、日常の活動を妨げることもありません。

最適な用途:

手首関連の症状や痛みのある方。銅を注入した当社のリスト スリーブは、手根管、スポーツによる怪我、捻挫、手首の関節炎などの症状に最適です。さらに、スポーツやアクティビティ中に以前の怪我を予防し、治癒を助けるための追加のサポートをお探しの方にも、このようなリスト スリーブは動きを妨げることなく必要なサポートを提供します。

銅張り手首サポート

銅張りの手首サポートは、よりしっかりとしたサポートを提供します。フリーサイズのアプローチで、ベルクロストラップを締めて手首を完璧に包み込むことで機能します。その部分に十分な圧力をかけ、痛みを最小限に抑え、症状を緩和し、身体の自然治癒プロセスを妨げたり、症状を悪化させたりするような手首の動きを防ぎます。

最適な用途:

手首を最大限にサポートしたい方、また、手首、手根管、親指基部などのガングリオン嚢胞、骨関節炎、リウマチ、乾癬性関節炎などのさまざまな症状に苦しんでいる方に最適です。

比較表

製品

銅配合指なし圧縮手袋

フルレングス銅圧縮手袋

銅配合リストスリーブ

銅張り手首サポート

銅が注入されていますか?

はい

はい

はい

はい

全長?

指なし

手首と手をカバーします

リストスリーブのみ

リストストラップのみ

手のサポート?

オールラウンドサポート

オールラウンドサポート

手首サポートのみ

手首サポートのみ

手首サポート?

オールラウンドサポート

オールラウンドサポート

手首をしっかりサポート

最も硬い手首サポート

最適な用途:

関節炎、レイノー病、スポーツ障害など。

関節炎、レイノー病のスポーツ傷害、その他指をカバー

手根管、スポーツ時のサポート、手首の関節炎など。

変形性関節症/リウマチ、手根管症候群、母指球部痛、手首の捻挫など。

適切なフィット感を確保する

市場に出回っているさまざまなオプションに共通していることは、最良の結果を得るには、ぴったりとフィットする必要があるということです。緩すぎると、スリーブや圧縮手袋の効果はほとんどありません。きつすぎると、長時間着用すると非常に不快になり、実際にこの部分への血流を遮断する可能性があります。これはまったく逆の結果です。利用可能な場合は、サイズ表を使用して、手や手首に適したサイズを選択してください。

一般的に、腕と袖または手袋の間に指がちょうど入るくらいのサイズが目安です。

関節炎の医師に連絡してください

当社の銅注入圧縮手袋にはすべて、関節炎医師のハンドブックが付属しており、関節痛を引き起こす可能性のある多くの症状や怪我、およびそれらを予防し症状を軽減するために取り入れることができるライフスタイルの変更について詳しく説明しています。

弊社の銅注入リストスリーブについてご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関節炎用の圧縮手袋についてお読みください:

関節炎に最適な圧縮手袋を選ぶための総合ガイド

関節炎用の圧縮手袋はどのように機能するのでしょうか?

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策