コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

elbow-sleeve-braces-support

関節炎医師が語る:関節炎の痛みを管理する上でのすべきこと、すべきでないこと

関節炎と診断されたのですね。心配しないでください。一般に信じられていることとは反対に、症状の管理のすべきこととすべきでないことさえ覚えておけば、関節炎はあなたが思っているほど衰弱させるものではありません。

まず最初に…

…自分だけが特別扱いされて不利な立場に置かれていると感じないでください。関節炎は非常に一般的な病気で、実際に世界中で痛みや障害の主な原因の 1 つです。とはいえ、関節炎に関連しているかどうかにかかわらず、症状が現れた場合は必ず医師に伝えることが重要です。

すべての情報と完全な病歴があれば、最終的には医師があなたの病状を管理するためのより良い選択肢を提示するのに役立ちます。

日々の習慣を調整する

  • 朝に関節のこわばりが和らぐように、夜に軽い運動を取り入れるようにしてください。

  • やりすぎないでください。覚えておくべき重要なことは、自分のペースを守る必要があるということです。

  • 特に日常生活で歩いたり立ったりすることが多い場合は、1 つの関節を過度に使用しないように、1 日を通して頻繁に休憩を取ってください。

ライフスタイルを変える必要がある

  • 健康的な体重を維持してください。太りすぎは関節炎の合併症を引き起こし、痛みが増す可能性があります。

  • クラッシュダイエットもしないでください。体重を管理できるように、食生活を徐々に、そして長期的に変える方法について必ず医師に相談してください。

  • 喫煙は結合組織にストレスを与え、痛みを増長させる可能性があるため、喫煙はやめてください。

運動に関しては

  • あなたの状態を考慮して、あなたに最も適した活動の種類を調べてください。

  • 衝撃の大きい反復運動に重点を置くのではなく、可動域を広げ、筋肉を強化し、持久力を高めることに重点を置いてください。

  • ウォーキング、サイクリング、水中運動など、衝撃の少ない有酸素運動を試してみてください。

  • 専門家に相談せずに運動を試みないでください。より衝撃の大きい活動を試してもよいと許可されたとしても、症状の管理のために何らかの圧縮サポートを使用するように求められる可能性があります。

薬を飲むときに注意すべきこと

  • 痛みを管理するために、市販の鎮痛剤を使用してください。

  • 重度で長期にわたる関節炎の痛みを無視しないでください。これは関節へのより深刻な損傷を示している可能性があります。

  • 痛みの管理には、圧迫スリーブと併せて局所鎮痛剤を使用してください。

  • たとえ市販薬であっても、使用している薬については必ず医師に伝えてください。

スリーブを選ぶときは、必ず何に使用するかを検討してください。繰り返しになりますが、信頼できる医師による情報に基づいた医学的診断に代わるものはありませんが、自分の状態と選択肢を認識し、意識することで、状態をより適切に管理できるようになります。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策