コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

other

天候と関節炎の本当の関係は何でしょうか?

関節が少し硬くなり始めたり、骨が痛くなったりすると、関節炎患者は「寒い季節が来た」という結論に達します。

これには何かメリットがあるのでしょうか?

関節炎患者にとって、季節の変わり目に天候が関節に影響を及ぼさないと断言するのはほぼ不可能です。秋が到来し、風が冷たくなるにつれて痛みのレベルが上がることは間違いありません。

これについて科学はこう言っている。

研究者たちは今日に至るまで、天候が変化すると関節炎の症状、特に痛みやこわばりが増す理由を解明できていない。

しかし、一般的な説の一つは、特定の気象条件が気圧の低下などの大気の変化を促し、それが関節包の腫れにつながるというものです。

天気が良いときは気圧が高くなります。この場合、圧力が外側から体に加わり、関節の周囲を含む組織の膨張を妨げます。寒い季節には気圧が下がります。つまり、体への圧力が減り、組織が膨張し、関節に余分な圧力が加わって痛みが生じます。

これは素晴らしい理論ですが、さらに研究を進めると矛盾する結果が出ました。確かに、低気圧は関節にかかる圧力に影響を及ぼすことがわかっていますが、他の研究では、私たちの体はさらされている気候に適応しながら新しい平衡を見つける傾向があることも示されています。

ここからどこにいきますか?

実際のところ、天候が実際に私たちの関節に影響を与えるという決定的な証拠はまだ研究によって出ていません。しかし、天候の変化を文字通り骨で感じることができるのなら、科学がその理由を説明するまでただ座って待つことはできません。

私たちの見解はこうです。科学が何を言おうと、あなたの痛みはあなた独自のものです。そして、特定の天候パターンの後に痛みやこわばりが増すことに気づいたとしても、科学がまだ説明できないからといって、あなたの症状が本物ではないと言うのは公平ではありません。それまでは、天候に関連した症状を管理するために、次のことを試してみてはいかがでしょうか。

  • 患部に温湿布を当てて体を温めてください。これにより筋肉がリラックスし、痛みの症状が最小限に抑えられます。
  • 腫れを最小限に抑えるには、特定の部位に圧迫製品を着用してください。これにより、血流が増加し、調節され、腫れを抑えることができます。
  • できるときはいつでも運動しましょう。関節のこわばりをほぐし、関節の痛みを和らげるのに役立ちます。自分の限界を考慮して実行できる特定の運動については、信頼できる医師に相談してください。
  • ストレスを解消する時間を取りましょう。関節炎患者はうつ病になりやすいので、気分を良くする方法を見つけることは間違いなく役立ちます。
  • 痛みが悪化するのを防ぐために、夜はしっかり休んでください。

天候と関節炎の本当の関係性について、科学が答えをあまり出していないのは残念ですが、だからといってあなたの症状が軽くなるわけではありません。ですから、あなたは一人ではないということを覚えておいてください。あなたと同じように天候の変化の影響を感じ、あなたが経験している困難に共感できる人は他にもたくさんいます。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策