コンテンツにスキップ
  • 40カナダドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

other

関節炎の診断を受けた後にすべきこと

関節炎と診断される前は、ある日病気になって二度と良くならないなんて、おそらく想像もできなかったでしょう。

時間が経つにつれて徐々に進行し、悪化していく病気を抱えて生きていくことを考えると、耐え難い思いをします。 最終的には好きなことを諦めなければならないと考えると、悲惨です。 他人に依存しすぎて重荷になってしまうかもしれないと思うと、打ちのめされます。

言うまでもなく、症状の原因を最終的に特定すると、感情が制御不能になる可能性があります。

もちろん、何年も病気と付き合って生きていく方法を学んだ今、私​​たちは、それが思っていたほど絶望的ではなかったと気づきました。そして振り返ってみると、診断直後の段階を乗り越える手助けをしてくれる人がいたらよかったと思います。そこで、これが役に立つかもしれないと思いました。新しい診断に対処するためのヒントをご紹介します。

1. 自分の病状についてできる限りのことを学ぶ

多くの人は、何が見つかるか不安で症状を Google で検索するのを避けがちです。しかし、実は、医師から関節炎であるとすでに告げられているのです。もう症状を推測したり、理解しようとしたりする必要はありません。したがって、WebMD で妄想のブラックホールに陥る可能性は低くなります。関節炎を抱えながら長く幸せな生活を送るには、シンプルで効果的な解決策があります。非侵襲的な選択肢として、症状を管理するための圧縮衣類やサポーターなどがあります。

Dr. Arthritis の膝サポーターは、黒とピンクからお選びいただけます。

診断に対して抱く恐怖や不安の多くは、病気について十分に理解していないことに起因しています。病気について読み、最新の研究や治療法について学んでください。オンラインで見つけた情報の正確さに不安がある場合は、オンラインで見つけた情報を収集し、医師と話し合ってください。

2. 同じことを経験しているコミュニティやグループを見つける

関節炎患者が感じる孤独感は、自分が経験していることを誰も本当に理解してくれないという事実によるものです。運が良ければ、最も困難な日々を乗り越えるのを助けてくれる友人や家族がいるでしょう。しかし、関節が燃えるように痛み、睡眠時間が 2 時間未満で仕事に行かなければならないことがどのようなことなのかを彼らが正確に理解していない限り、彼らはあなたの状況の重大さを本当に理解していません。

関節炎サポートグループ

新たな診断結果を乗り越える手助けをしてくれるサポート グループを見つけましょう。

関節炎であなたがすでに経験していること、そしてこれから経験しようとしていることをよりよく理解するために、同じことを経験しているグループやコミュニティを探しましょう。それはあなたが思っているほど難しくはありません。たとえば、私たちの Facebook コミュニティは、ボトルからシャンプーを絞り出すのがどれほど痛いかという日々の苛立ちから、24時間365日痛みと闘いながら医師の診察を予約できないというフラストレーションまで、あらゆることをよく知っている何千人ものグループで構成されています。また、医療提供者に推奨事項を尋ねたり、Google で簡単に検索したりすることもできます。あなたが経験していることを完璧に理解している人が他にもたくさんいると知ると、どれほど安心するかに驚くでしょう。

3. ポジティブなことに焦点を当てる

はい、すべてを考慮すると、これは非常に難しいことです。しかし、明るい面を見るために非常に意識的に努力する必要があります。毎日、感謝できる何かを見つけてください。自分の状況を再構築してみてください。幸福感を維持し、向上させたいなら、これは重要です。

4. 助けを求めるのをためらわない

診断を受ける前は、私たちは自立を大事にしていました。関節炎だとわかった今、それは変わるべきでしょうか? 正直に答えると、変わるべきではありません。体が文字通り「ダメ」と言っているため、今やできないことがあるでしょう。それは覚悟しておいてください。そして、助けを求めることは弱さの表れではないことを覚えておいてください。文字通りの助けが必要なのか、補助具や道具が必要なのか、あるいは精神的なサポートが必要なのかに関わらず、必要なら、プライドを捨てて助けを求めてください。

関節炎の補助具とツール

最後にもう一つ—

深呼吸してください。診断結果を受け入れていくと、自分が想像していたほど無力ではないことに気づくでしょう。今後は状況が変わり、人生が一変する可能性もありますが、だからといって何もできないわけではありません。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策