コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎医師からのアドバイス: 関節炎を患う若者が考慮すべき 5 つのこと

関節炎と言えば、たいていは 70 代や 80 代の人を思い浮かべます。結局のところ、これは通常、加齢によって悪化する病気です。しかし、20 代や 30 代の若い人も、この衰弱性疾患に悩まされることがあります。この年齢層では比較的まれですが、可能性はあります。

しかし、慢性的な痛みに苦しむだけでも十分辛いのに、人生の最盛期に「老人病」と闘うことは、この病気を取り巻く誤解を考えると、さらに困難になることがあります。たいていの人はあなたを信じません。ほとんどの人は、あなたの年齢のせいで、あなたが言うほどひどいものではないと推測します。あなたが経験していることに共感してくれる人を見つけるのは難しいです。そして結局、孤独で孤立した気分になります。

関節炎を患っている若い人の場合、もっと良い対処法があることをお知らせしたいと思います。まずは以下のことから始めてください。

1. 自分と同じ症状を持つ人を探してみましょう

関節炎を患っていて、まだ 20 代や 30 代だと、多くのことを逃してしまいます。病気のせいで、普通の若者ができるような活動に参加できないのです。そのような場合、自分は孤独だと感じてしまうのは当然です。

関節炎に苦しむ若者のための支援グループを探してみてください。医師に相談して適切なリソースを紹介してもらいましょう。

2. 自分の限界を現実的に捉える

年齢のせいで、自分の体が実際にできる以上のことができると思ってしまうかもしれません。だからこそ、自分の限界を理解することが重要です。やりたいことをすべてできないのはもどかしいですが、限界を理解することで、症状を悪化させたり、関節に不必要なストレスをかけたりすることを防ぐことができます。

3. 支えてくれる友人に囲まれる

慢性疾患に苦しむのは冗談ではありません。慢性疾患がもたらす身体的、精神的負担は計り知れないものがあり、あなたの人生に良い影響を与えてくれる人々に囲まれることが重要です。

当然ながら、あなたの年齢層の人全員が、あなたが経験していることの深刻さを理解できるわけではありません。しかし、あなたの症状を考えると、関節炎を抱えて生きることがどういうことかを理解しようと努力することを期待するのも当然です。病気を偽っていると非難したり、症状を誇張していると決めつけるような人との付き合いは避けてください。

4. アルコールを控える

飲酒とパーティーは、20 代のライフスタイルの大きな部分を占めています。しかし、慢性的な痛みに悩まされている場合は、アルコールを避けるようにすることが重要です。アルコールは痛みの症状を悪化させるだけでなく、薬に悪影響を及ぼすこともあります。食事からアルコールを完全に排除すべきだと言っているわけではありませんが、週末に無謀に飲みまくるのもよくありません。自分のペースを守り、適度な飲酒に抑えましょう。

5. 薬を忘れずに飲む

学校や仕事、そして活発な社会生活の合間に、健康維持のために最も重要なことの 1 つである薬の定期的な服用を管理するのは困難です。薬を定期的に時間通りに服用できるシステムを作りましょう。曜日を記した薬の容器を使用したり、アラームを設定したりするのもよいでしょう。

若い年齢で関節炎を患うことはまれですが、これを一人で経験しているわけではないことを常に覚えておくとよいでしょう。これらのガイドラインを念頭に置いて、症状について質問がある場合は、お気軽に下にコメントを残してください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策