コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

関節炎 – 事実に向き合う

トリシア・ベッカーは、今日のゲスト著者です。彼女は、関節炎の基本的な事実に関する非常に有益な記事と、この便利なインフォグラフィックを私たちと共有します。

***

関節炎 - インフォグラフィック 老年看護.org

関節炎にはいくつかの種類があり、関節の炎症、変性、または感染として定義できます。関節炎の種類によっては、数個の関節のみに影響し、少関節炎と呼ばれます。他の関節炎は、体の多くの関節に影響し、多発性関節炎と呼ばれます。関節炎は対称性の場合があり、痛みと炎症は体の両側でほぼ同じです。また、非対称性の場合もあり、特定の時点で体のほぼすべての関節に影響します。この記事では、変形性関節症、関節リウマチ、化膿性(感染性)関節炎、結晶性関節炎(痛風を含む)など、いくつかの主要な関節炎の種類について説明します。

変形性関節症(OA)

変形性関節症 (OA) は、ほぼすべての関節に影響を及ぼし、加齢とともに個人に影響を及ぼす可能性がある、ゆっくりと進行する関節炎の一種です。大きな圧力がかかる関節や反復運動を行う関節は、OA のリスクが最も高くなります。この疾患は、比較的無症状の場合もあれば、重篤な衰弱を引き起こし、患者の日常生活活動への参加能力に影響を与える場合もあります。

OA の主な問題は、関節の痛みとこわばりです。症状は 1 つの関節だけに影響する場合もあれば、複数の関節に影響する場合もあります。痛みは動くと悪化し、休むと軽減します。痛みには 3 つの段階があります。最初はステージ 1 (動くと予測可能な鋭い痛み) です。2 番目はステージ 2 (日常の活動に影響する、より持続的な痛み) です。3 番目はステージ 3 (予測できない鋭い痛みの発作を伴う、持続的な鈍痛/うずくような痛み) です。痛みは通常、午後遅くから夕方にかけて悪化しますが、起床後に悪化することもあります。睡眠を妨げることもあります。

OA は局所的または全身的であり、1 つの関節または複数の関節に同時に影響を及ぼす可能性があります。OA で特に問題となる関節には、膝、股関節、指節間 (手) 関節、首と背中の椎間関節、第 1 母趾関節、および親指関節があります。その他の関節は、特に可動関節でない場合は、影響を受けることがあまりありません。

全身性関節炎の患者は、通常、指の遠位指節間関節、親指の付け根、第 1 母趾関節、脊椎の椎間関節、膝、股関節が影響を受けます。徐々に、影響を受ける関節が増え、患者の衰弱が進みます。OA の主な臨床マーカーはヘバーデン結節で、これは指の遠位関節にできる硬いしこりです。

OAの診断

画像検査は OA の診断に役立ちます。変形性関節症の最良の検査は、従来の X 線検査です。これにより、OA の一般的な特徴 (骨棘形成、骨の嚢胞、関節スペースの狭小化など) を検出できます。ただし、X 線検査の感度はそれほど高くなく、症状との相関関係があまりありません。

X 線写真で見られる特定の関節については、通常、両手は左右対称に侵されます。指先の遠位指節間関節が特徴的に侵されます。その他の関節は、他の指の関節と親指の付け根です。関節の痛みやこわばりがひどくなります。ヘバーデン結節の患者は結節性 OA を患っています。結節性 OA の患者のほとんどは、家族歴のある女性です。

びらん性変形性関節症は、まれではあるものの、悪性の手の OA の一種です。亜急性または潜行性の痛みがあり、複数の指関節に軟部組織の腫れやしびれが見られます。通常の OA では見られない、手の圧痛、発赤、軟部組織の腫れがあります。びらん性 OA は主に指関節に影響し、親指と中手指節関節は影響を受けないため、全身性 OA とは関係ありません。びらん性 OA は通常の OA よりも症状が悪化し、患者の最大 8% に関節びらん (摩耗) がレントゲンで確認できます。

膝は OA がよく発生する部位であり、高齢者の下肢障害の最も一般的な原因です。通常はある程度両側に発生します。膝蓋大腿関節または内側脛骨大腿関節が最も影響を受けます。膝蓋大腿関節 OA による痛みは、長時間座ったり、低い椅子から立ち上がったり、階段や坂を上ったりすると悪化します (下りるときは上るよりも痛いことが多い)。

股関節の変形性関節症は、股関節の痛み、硬直、痛み、動きの制限の増加として現れます。股関節炎に伴う痛みは前鼠径部に感じられますが、大腿上部や臀部に及ぶこともあります。大腿部の痛みや膝の痛みを訴えることが多く、脚に広がるのが一般的です。座った状態から立ち上がるときや、歩き始めの段階で痛みが悪化します。

椎間関節炎は、一般的に椎間板変性(「脊椎症」と呼ばれる)を伴います。痛みは主に腰椎または頸椎に局在し、腰部では痛みが鼠径部、臀部、または大腿部に広がり、膝で終わります。朝や回転または曲げ動作(または首の回転と側方屈曲)を伴う活動時に悪化します。

OA は、病歴と身体検査によって他の疾患と区別できます。臨床検査や X 線検査などが推奨されることはほとんどありません。臨床所見は、酷使した関節の持続的な痛み、45 歳以上、朝のこわばりが 30 分未満であることです。明らかな臨床的特徴 (病歴または身体検査による) を満たしていない場合は、画像診断と臨床検査を行うことができます。体質的症状 (体重減少や​​疲労など) または関節の炎症の兆候は OA とは関係がないため、さらに評価する必要があります。

OAのリスク要因

OA は、遺伝、機械的力、関節の完全性、特定の生化学的プロセスなど、多くの要因の複雑な相互作用であることがわかっています。遺伝はおそらく最もまれな相互作用ですが、職業、加齢、外傷、反復運動などが大きな役割を果たします。これらは手と膝ではより強く、股関節の OA ではそれほど強くありません。一般的なリスク要因には、年齢、女性、肥満、骨粗鬆症がないこと、特定の職業、特定のスポーツ、怪我、筋力低下、固有受容覚欠損などがあります。あまり一般的ではないリスク要因には、遺伝、先端巨大症、CPPD 疾患などがあります。加齢は最も強いリスク要因です。34 歳未満では 0.1 パーセント未満に発生しますが、55 歳以上では 80 パーセント以上に発生します。

過去の怪我は膝の変形性関節症のリスクを高めるようで、先天性股関節形成不全は股関節炎のリスクを高めます。長距離ランナーは膝の怪我や膝の変形性関節症のリスクが高くなります。このスポーツ中に怪我をすると、膝の変形性関節症のリスクが高まります。膝の半月板損傷は、膝の OA でよく見られます。片足を切断すると、もう一方の足にかかる圧力が高まり、影響を受けていない足の OA の可能性が高くなります。遺伝は変形性関節症の発症に少し影響します。手と膝の変形性関節症の発症には遺伝的影響があります。

OAの治療

変形性関節症の治療の目標は、痛みを軽減し、機能を改善し、関節損傷のプロセスを修正することです。変形性関節症の病態を改善する薬はないため、修正可能なリスク要因を変えることが治療の目標となります。通常は、複数の治療法を組み合わせることが推奨されます。膝へのヒアルロン酸注射などは、プラセボよりも効果がないため推奨されません。

OAの治療の主流は非薬物療法です。これには体重管理、矯正器具、装具(必要な場合)が含まれます。運動はNSAID療法と同等に効果的であることが分かっており、筋力強化と有酸素運動は良い選択肢です。体重の10%を減らすと、膝関節炎と股関節炎の痛みが50%軽減されます。副木と 膝サポーター 良いのは 親指 それぞれ、膝関節炎と膝関節炎です。

変形性関節症の第二選択薬には、カプサイシン、非ステロイド性抗炎症薬、デュロキセチン、関節内コルチコステロイドなどの薬があります。これらを組み合わせて試すこともできます。デュロキセチンはシンバルタとも呼ばれ、関節炎や筋骨格系の痛み障害に効くSSRI抗うつ薬です。影響を受けている関節が数カ所ある場合は、局所NSAIDが推奨され、経口NSAIDは局所薬が効かない場合にのみ使用されます。アセトアミノフェンは副作用が危険で、OAの痛みにはほとんど影響がないため、推奨されません。オピオイドはOAに効かず、長期依存や乱用の可能性があるため、推奨されません。

手術は通常、全関節置換術を意味し、通常は進行した股関節および膝関節炎に対して行われます。その他の手術オプションには部分的な半月板切除術や軟骨のデブリードマンがありますが、これらはプラセボと比較して臨床的利点がありません。股関節鏡検査は行うことができますが、OA では有益ではない可能性があります。

関節リウマチ(RA)

RA は、多数の関節に影響を及ぼす、対称性の炎症性末梢関節炎です。治療を受けない患者は、軟骨の変性と関節の変形が対称的に起こります。この病気を迅速に認識し、DMARD (疾患修飾性抗リウマチ薬) で治療すれば、病気の管理に役立ちますが、治癒は期待できません。初期の症状は他の関節炎患者と同様ですが、時間が経つにつれて、関節のびらん、関節外症状、リウマチ結節など、RA 特有の症状が現れます。

RAの臨床所見

RA で最も影響を受けるのは滑膜関節です。関節炎は通常は対称的で、骨や軟骨の侵食により関節が破壊されます。関節炎は手足から始まり、中枢に広がるため、発症後 10 ~ 20 年以内に移動が困難になります。発症は徐々に進行し、多くの関節が影響を受けますが、最初から 1 つの関節だけが影響を受ける人もいます。全身症状は患者の約 33 パーセントに見られ、筋肉痛、微熱、うつ病、体重減少、疲労感などが含まれます。

「典型的な」RAでは、患者は朝のこわばり、関節痛、関節の腫れを経験します。最初に影響を受ける主な関節は、手のMCP(中手指節)関節とPIP(近位指節間)関節ですが、一部の患者では親指、手首、または中足指節(MTP)関節が影響を受けることがあります。最終的には、上肢と下肢の両方の他の滑膜関節が影響を受けるようになります。朝のこわばりは、活動性RAの最も一般的な特徴です。RAでは1時間以上続く傾向があり、他の炎症性疾患の患者では1時間未満で治まります。

身体的な兆候と症状には、関節痛と小関節の腫れ(主に)に加え、典型的な朝のこわばりと握力の低下があります。脊椎は通常影響を受けません。関節の損傷と変形が進行し、身体機能障害が失われます。治療せずに病気を放置すると、後期に貧血、リウマチ結節、眼の炎症、血管の炎症、神経障害、心膜炎などの症状が見られます。

手では、MCP 関節と PIP 関節が侵されるのが一般的です。手のひらに屈筋腱の発赤と肥厚が見られることがあります。これらの腱鞘に結節が見られる場合があり、ばね指や腱断裂を引き起こす可能性があります。RA が進行すると、MCP 関節の尺側偏位が生じることがあります。

2 番目に多い罹患部位は手首です。疾患の初期段階で伸展が失われ、その後、手首の掌側亜脱臼と橈側偏位が起こります。肘は屈曲した位置で固定されることがあります。 肘頭滑液包炎は非常に一般的です。肩の罹患は後期に発見され、15 年後に患者の半数にのみ見られます。

下肢の障害は通常、前足部と足首に現れます。股関節の障害は後になって発見されます。膝の障害はベーカー嚢胞につながる可能性があります。足の MTP 関節は、病気の初期段階では主要な関節であり、最終的には足指の外側への移動と中足骨頭の足底亜脱臼を伴います。かかとの痛みが現れ、足首が腫れる場合があります。膝の腫れもよく見られ、屈曲の制限が見られます。大腿四頭筋の筋力が低下します。

RAにおける臨床検査と画像診断

RA の臨床検査結果には、関節液と血液に見られるものがあり、この病気が局所的かつ全身的であることを示しています。見られるものには、炎症性関節液、慢性疾患の貧血、リウマチ因子 (RF) と ACPA (抗シトルリン化ペプチド抗体) が陽性となる臨床検査などがあります。患者の約 80% は RA および/または ACPA が陽性です。約 25% は抗核抗体価が陽性です。

単純X線写真からRAの状態について多くのことがわかります。関節裂隙の狭小化と骨のびらんが見られます。特に手足に多く見られます。これらのびらんはRAの重要な所見です。MRI検査は滑膜炎の検出に感度が高く、骨のびらんについても単純X線写真より感度が高いです。超音波検査も関節炎の検出に感度が高いです。ドップラー超音波検査はMRIとほぼ同等の性能があり、MRI検査より安価です。

RA疑い患者の評価

この病気は成人によく見られ、主な所見は炎症性多発性関節炎です。罹患した人は朝に関節痛と少なくとも 30 分間のこわばりを感じます。末梢関節が顕著に影響を受ける傾向があります。症状が 6 週間未満で治まる場合は、RA ではなくウイルス性多発性関節炎である可能性があります。このような患者では、抗環状シトルリン化ペプチド (CCP) 抗体価、リウマチ因子、急性期反応物質の検査が行われます。明確な診断を得るには、何度も通院する必要があるかもしれません。

検査には、対称性多発性関節炎、筋肉の可動域制限、関節リウマチ結節などの関節外所見を予測する徹底的な関節評価が含まれます。臨床検査では、多くの場合、RF および抗 CCP 抗体が陽性結果となり、RA である可能性が高まります。ただし、初期評価では、初期疾患の患者の 50% でのみ陽性となります。

実施されるその他の検査には、ANA 力価(ループスやその他のリウマチ性疾患を除外できる)などがあります。ただし、ANA 力価は RA 患者の 3 分の 1 で陽性となるため、ループスに非常に特異性の高い抗 dsDNA 検査や抗スミス抗体検査などのフォローアップ検査を実施する必要があります。慢性疾患による貧血を確認するために CBC 検査を実施し、肝臓および腎臓の機能検査を実施し、血清尿酸値を測定します。

ベースラインの単純 X 線撮影は、手、足、手首に対して行われ、ベースラインを記録して病気の進行をモニターします。関節のびらんは、最初は見られる場合と見られない場合があります。他の関節疾患で見られる他の特定の所見もあり、これも他の診断を示唆します。関節穿刺は、痛風などの結晶疾患を除外するために行われます。液体に対して、グラム染色、細胞数、結晶検索、培養が行われます。MRI と超音波は日常的に行われるわけではありませんが、より感度の高い検査であり、単純 X 線が正常な患者にも行うことができます。

関節リウマチの治療

RA の治療は、関節の滑膜炎を制御し、関節の損傷を防ぐことにかかっています。治療戦略は、病気の進行過程の早い段階で DMARD 療法が開始されたことにより、過去 20 年間で著しく変化しました。目標には、早期診断、リウマチ専門医による治療、DMARD の早期使用、寛解または活動性の大幅な低下を目標とした厳密な制御が含まれます。現在、NSAID とグルココルチコイドは、主治療ではなく補助治療です。DMARD が主治療になっています。

DMARD 療法は関節損傷がない場合に最も効果を発揮するため、できるだけ早く診断することが重要です。診断が下されると、患者はリウマチ科に紹介され、リウマチ専門医によるフォローアップケアを受ける必要があります (病気の予後が良好であるため)。これらの患者には、薬物療法、教育、心理社会的介入、理学療法および作業療法、栄養カウンセリング、骨粗しょう症のスクリーニング、免疫抑制状態での病気の予防のためのワクチンなどを含む包括的なケアが必要です。

治療法には、NSAID および関節内ステロイド注射、生物学的および非生物学的 DMARD、経口ヤヌスキナーゼ阻害剤などがあります。従来の非生物学的 DMARD には、ヒドロキシクロロキン、スルファサラジン、メトトレキサート、レフルノミドなどがあります。生物学的 DMARD 薬には、TNF-α 阻害剤 (エタネルセプト、インフリキシマブ、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ ペゴル)、アナキンラ (IL-1 受容体拮抗薬)、トシリズマブ (IL-6 受容体拮抗薬) など、数多くあります。

DMARD 療法はできるだけ早く開始します。活動性 RA の場合、NSAID とコルチコステロイドがメトトレキサート (第一選択薬) とともに使用されます。メトトレキサートを服用できない患者は、ヒドロキシクロロキン、スルファサラジン、またはレフルノミドを服用する必要があります。非生物学的 DMARD は生物学的 DMARD と併用できます。NSAID とプレドニゾンは補助療法として一時的に使用されます。

RA は当然、管理を必要とする再発を起こします。DMARD 療法は調整が必要な場合があります。1 つか数個の関節の再発は、関節内グルココルチコイド注射で治療できます。広範囲の再発は、グルココルチコイドの投与量を増やして治療します (経口または IM)。1 日 3 回の IV メチルプレドニゾロンは、再発の軽減に効果的です。メトトレキサートの投与量を増やすと、インフリキシマブの投与量を増やすのと同様に効果があります。

化膿性関節炎

化膿性関節炎は関節の感染症で、通常は細菌によって引き起こされますが、結核菌や真菌によって引き起こされることもあります。これらのタイプの感染プロセスは、重度の関節破壊とその後の関節炎につながる可能性があります。急性の関節痛を呈する成人のうち、化膿性関節炎は、世界の地域によって異なりますが、症例の 8 ~ 27 パーセントを占めています。平均は症例の約 10 パーセントです。患者の中には淋菌感染症を患っている人もいれば、感染した人工関節を持っている人もいます。

化膿性関節炎の危険因子

関節に急性の痛みがある患者の約 10 パーセントは化膿性関節炎です。この疾患のリスク要因には、80 歳を超える年齢、糖尿病の診断、関節リウマチ、人工関節、最近の関節手術、静脈注射による薬物使用、アルコール依存症、同時皮膚感染症、コルチコステロイド注射の既往などがあります。これらのリスク要因はそれぞれ小さいものですが、重なると大きな影響を及ぼします。

患者が菌血症を患っている場合、正常な関節に比べて、関節炎の関節に細菌が潜んでいる可能性が高くなります。敗血症性関節炎患者の約 40 % は、敗血症の影響を受けた関節に RA または OA の既往歴がありました。RA は OA よりも患者を敗血症性関節炎にかかりやすくしますが、痛風、偽痛風、シャルコー関節病などのあまり一般的ではない関節の問題も素因となる可能性があります。RA の免疫抑制療法を受けていることは素因となり、RA は他の関節疾患よりもわずかにリスクが高くなります。

化膿性関節炎のほとんどの症例は、関節に広がる血液感染が原因です。外傷、直接接種、骨感染の拡大、動物や人間の咬傷も、あまり一般的ではない原因です。血液感染の危険因子には、静脈内薬物使用、留置カテーテルの存在、免疫不全状態(HIV など)、新生児、高齢などがあります。

感染性微生物が黄色ブドウ球菌、腸球菌、または連鎖球菌である場合、心内膜炎が疑われ、この感染性心内膜炎の最も一般的な原因は静脈内投与の薬剤の使用です。これらの患者のほとんどは、菌血症が一時的で自然に治まるため、血液培養は陰性となります。菌血症の患者のごく一部だけが化膿性関節炎を発症する理由は不明です。

細菌性関節炎は、細菌性髄膜炎とともに発生することがあります。化膿性関節炎と細菌性髄膜炎の両方に関連する最も一般的な細菌は、髄膜炎菌です。化膿性関節炎のまれなケースでは、カテーテル挿入が原因で発生することがあります (股関節炎や胸鎖関節炎など)。結腸憩室の破裂も、組織に広がって化膿性股関節炎を引き起こすことがあります。

多くの病原体が非淋菌性細菌性化膿性関節炎を引き起こす可能性がありますが、成人で最も一般的な原因菌種は MRSA (メチシリン耐性黄色ブドウ球菌) です。あまり一般的ではない細菌としては、肺炎球菌、腸球菌、大腸菌、その他のグラム陰性桿菌などがあります。ほぼすべての症例は単一の細菌によるものです (関節腔への穿通性外傷、多菌性菌血症、または股関節感染症を引き起こす憩室破裂によって引き起こされる症例を除く)。

化膿性関節炎の臨床徴候と症状

これらの患者は、炎症を起こし、痛み、腫れた関節を 1 つ呈する傾向があります。通常は熱があり、動きが制限されます。捻髪音は認められず、結節もありません。多くの患者は発熱しますが、悪寒や高熱は示しません。感染の本来の原因を示す他の感染の証拠が見られる場合もあります。

化膿性関節炎の症例の半数以上は膝関節に発生し、股関節、足首、手首などの関節も影響を受けにくいです。まれに、骨盤手術後に恥骨結合が感染することがあります。約 20 パーセントの場合、特に RA または他の結合組織疾患を患っている人 (および重度の化膿性患者) では、少関節性または多関節性の状況になります。

化膿性関節炎の診断

決定的な検査は、滑液中の細菌を特定することです。抗生物質の投与を開始する前に関節穿刺を行い、滑液はグラム染色、培養、白血球数(および白血球分類)、結晶分析に回されます。穿刺は、透視、超音波、または CT ガイド下で実施する必要がある場合もあります。滑液分析の結果は次のようになります。

  • 1 マイクロリットルあたり 50,000 ~ 150,000 個の白血球 (ほとんどが好中球) で膿が出ます。白血球数が多いほど、敗血症の可能性が高くなります。
  • グラム染色は30~50パーセントの症例で陽性となります。
  • 最近抗生物質を服用していないほとんどの患者では培養検査を行う必要があり、陽性反応が出ます。血液培養は一般的に 50 % の症例で陽性反応が出るため、行う必要があります。

化膿性関節炎の治療

急性細菌性関節炎の 2 つの要素は、抗生物質と関節のドレナージです。抗生物質の選択は、症状、グラム染色、および考えられる細菌によって異なります。グラム陽性球菌は MRSA である可能性があるため、経験的治療としてバンコマイシンが適しています。MRSA ではなく、メチシリン感受性黄色ブドウ球菌であることが判明した場合、選択する薬剤にはセファゾリン、ナフシリン、またはオキサシリンが含まれます。MRSA の 2 次治療には、ダプトマイシン、リネゾリド、またはクリンダマイシンが含まれます。

グラム染色でグラム陰性桿菌が判明した場合、治療はセフトリアキソン、セフォタキシム、セフタジジムなどの第 3 世代セファロスポリンです。静脈注射による薬物使用者はシュードモナス感染症のリスクがあるため、セフタジジムまたはシプロフロキサシンとゲンタマイシン (または別のアミノグリコシド) の併用が必要です。グラム染色が陰性の免疫能正常患者はバンコマイシンで治療する必要があります。最終的には、培養と感受性検査によって適切な抗生物質の選択が決定されます。関節内抗生物質は推奨されません。

痛風

痛風性関節炎は、関節に激しい痛みと腫れを引き起こす関節炎の一種です。血流中の尿酸値が高くなり、関節腔に尿酸ナトリウム (MSU) の結晶が形成されることで起こります。結晶は関節に強い刺激を与え、患部の関節腔に腫れと赤みを引き起こします。尿酸値が高い患者の約 3 分の 1 が痛風性関節炎を発症します。痛風性関節炎になる人とならない人がいる理由は明らかではありません。

尿酸結晶が形成される場所は関節だけではないことに注意する必要があります。尿酸結晶は腎臓(腎機能障害)や尿路の他の部分に沈殿し、痛みや尿路閉塞を引き起こす可能性があります。

痛風は、CPPD(ピロリン酸カルシウム二水和物)沈着症または「偽痛風」とはまったく異なります。結晶はまったく異なり、病因も異なります。ただし、症状の一部は同じであるため、患者がどのようなタイプの結晶疾患にかかっているかを判断するために、関節穿刺と結晶分析を行う価値があります。

痛風の危険因子

痛風は成人病で、通常、30~45 歳の男性、または 55 歳以上の女性に初めて発症します。65 歳以上では男女差はありません。米国の成人の約 4% が罹患しています。痛風の危険因子には、高血圧、肥満、慢性腎不全、断食、定期的なアルコール摂取などがあります。食べ過ぎ、特に高果糖コーンシロップ、肉、魚介類を含む食品の食べ過ぎは、痛風のリスクを高めます。利尿剤は尿酸値を上昇させます。

すでに痛風と診断されている患者の場合、断食、最近の手術や怪我、アルコール(特にワイン)の過剰摂取、食べ過ぎ、特定の薬剤の服用などが痛風の再発の原因となることがあります。

痛風の症状

痛風性関節炎の発作または痛風発作は、比較的重度の関節痛が突然始まり、関節の圧痛、腫れ、赤みを伴います。通常は 1 つの関節に影響しますが、いくつかの関節に影響することもあります。発作は夜中や早朝に悪化します。炎症は 12 ~ 24 時間でピークに達し、数日または数週間以内に改善することがあります。痛風発作が身体でどのように治まるかは誰にもわかりません。関節腔内の白血球は、結晶が関節の内層を刺激するため増加します。

痛風性関節炎の段階

痛風には、痛風発作、間期痛風、結節性痛風の 3 つの基本的な段階があります。痛風発作では、まず足の親指または膝に炎症が起きるか、発熱を伴って複数の発作が起こることがあります。変形性関節症の患者の中には、足の指ではなく指に発作が起きる人もいます。間期痛風は発作の間隔のことで、治療しても通常は 2 年未満です。

結節性痛風は、関節、滑液包、皮膚、骨、軟骨の周囲に尿酸結晶が蓄積するタイプの痛風です。蓄積したものは「痛風結節」と呼ばれます。その結果、痛風性関節症と呼ばれる骨の侵食や関節損傷が起こる場合があります。通常は痛みはありませんが、関節のように炎症を起こし、赤みや圧痛を引き起こすことがあります。結節性痛風は、現在の治療プロトコルではまれですが、薬物療法に耐えられない場合、臓器移植のためにシクロスポリンを服用している場合、または閉経後の女性が利尿薬を服用している場合を除いては発症しません。

痛風の診断

痛風は他の多くの病気に似ていることがあります。1 つまたは複数の関節が急性炎症を起こし、数日以内に治まり、症状が残らなくなると、痛風が強く疑われます。痛風を確認する最も良い方法は、関節鏡検査を使用して滑液を採取することです。特殊な光学顕微鏡で滑液を検査し、特徴的な針状の結晶が見られるかどうかを確認します。滑液には白血球も過剰に含まれています。結晶は痛風結節からも抽出できます。関節鏡検査ができない場合は、症状の急性発症、1 つの関節 (通常は足の親指) の炎症、尿酸値の上昇、再発と再発の間の症状の完全な解消に基づいて診断します。

痛風発作の治療

痛風発作の治療の目標は、痛みと炎症を軽減することです。これは、出血性疾患、胃潰瘍の病歴、または腎臓病の病歴の有無に基づく短期的なプロセスです。これらが陰性であれば、NSAID 薬とグルココルチコイド薬が治療の選択肢となります。コルチコステロイドは、経口投与、関節内注射、または注射で投与できます。一般的に使用されるグルココルチコイドには、プレドニゾロン、プレドニゾン、メチルプレドニゾロンがあります。これらは、NSAID またはコルヒチンが耐えられない場合に使用できます。

NSAID は、出血の問題 (ワルファリンなし)、胃潰瘍、腎臓病がない場合は問題ありません。アスピリンは血流中の尿酸値に影響を与える可能性があるため、推奨されません。コルヒチンは腎機能の低下や潰瘍のリスクには有効ですが、腹部の症状 (吐き気、嘔吐、下痢、腹部のけいれんなど) を引き起こす可能性があります。経口でのみ服用できます。

痛風発作の回数を減らす予防薬があります。コルヒチンは予防薬の 1 つで、痛風性関節炎の発作の治療に必要な量よりも少ない量で投与できます。

患者によっては、長期にわたる尿酸値を下げる治療が必要です。生活習慣を変えることで、状況を改善できます。薬は、腎臓による尿酸排泄量を増やしたり、尿酸の生成を減らしたり、尿酸をアラントイン(排泄されやすい)に変換したりすることができます。これらの薬は、発作が自然に治まったときに使用されます。アロプリノールは尿酸の生成を防ぐ作用があり、この問題に最もよく使用される薬です。フェブキソスタットも同じ働きをしますが、心臓病のリスクがある人は使用できません。

プロベネシドは腎臓による尿酸排泄を増加させます。ロサルタンは尿酸値を下げるために使われる降圧剤です。レシヌラドはアロプリノールまたはフェブキソスタットと併用される第 2 選択薬です。ペグロチカーゼは尿酸をアラントインに変えて排泄する働きをします。静脈注射で投与され、尿酸値を急速に下げるために使用されます。アレルギー反応と高額な費用のため、多くの場合この方法は現実的ではありません。目標は尿酸値を 1 デシリットルあたり 6 グラム未満にすることです。あまり急いで行うべきではなく、治療期間中は患者は余分な水分を必要とします。

関節炎に関するウェブサイトの情報源

  1. 関節炎について理解する。これは、関節炎の答えを探すためのサイトです。これは、関節炎財団によって作成されたサイトであり、豊富な情報が掲載されています。
  2. 関節リウマチとは何ですか?これは、関節リウマチ財団が関節リウマチについて特別に設計したサイトです。 RA に罹患していることがわかっていて、この関節疾患の診断と治療の最新情報を知りたい人にとっては良いサイトです。
  3. RA についてすべて調べてみましょう- これは、関節リウマチとその管理について詳しく調べる RA サポート組織が公開しているサイトです。実験的な RA 治療のリソースがあります。
  4. 化膿性関節炎– これは化膿性関節炎に関する包括的なレビューであり、この病気についてできる限りのことを知りたい医療専門家や知識のある患者向けに作成されています。
  5. 痛風と偽痛風– 結晶性関節炎の患者は、この総合的なサイトで知りたいことすべてを学ぶことができます。このサイトは、これら 2 種類の関節炎の背後にある科学と医学を知りたい人向けに設計されています。
  6. アメリカリウマチ学会は、変形性関節症とその症状について知りたい患者と介護者向けにこの情報サイトを運営しています。
  7. リウマチ専門医を探す-関節炎を患っている場合、お近くのリウマチ専門医を見つけるのは必ずしも簡単ではありません。アメリカリウマチ学会のこのサイトは、認定を受けたリウマチ専門医から必要な支援を受けるのに役立ちます。
  8. 関節リウマチ– これは、関節リウマチの患者の写真と、このタイプの関節炎の病態生理学、症状、検査、および治療の包括的なレビューを示す医療サイトです。
  9. 痛風- 痛風の写真や病状をわかりやすく説明した画像を多数掲載した痛風に関する講義シリーズです。
  10. 変形性関節症– これは変形性関節症に関する写真満載のスライド プレゼンテーションです。この病気がどのようなものか視覚的にイメージし、この疾患に関する貴重な情報を得たい方は、このサイトをご覧ください。
前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策