コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

compression-gloves-wrist-supports

関節炎に最適な圧縮手袋

関節炎、手根管症候群、あるいは手関節の腫れやこわばりなど、手関節の痛みを頻繁に経験する方 レイノー症候群 圧縮手袋 これらの症状を抱えながらの生活をより簡単にすることができます。

関節炎は、世界中で最も一般的な障害および痛みの原因の 1 つであり、米国だけでも約 4,000 万人以上がこの症状に苦しんでいます。さまざまな治療法がありますが、圧縮手袋は、日常の活動の痛みを軽減する最も効果的で、入手しやすく、手頃な方法の 1 つです。したがって、治療薬ではありませんが、現在の治療を補完する優れた手段となります。

一般的に関節炎用手袋とも呼ばれる圧縮手袋は、関節炎やその他の同様の慢性炎症性疾患に伴う痛みや症状を和らげるのに役立ちます。さらに、手根管症候群や反復性ストレス障害にも圧縮手袋の着用が効果的です。ニーズやライフスタイルに合った最適な圧縮手袋の選び方については、読み進めてください。

圧縮手袋はどのようにして痛みや関節のこわばりを和らげるのでしょうか?

圧縮手袋は、手の関節の腫れ、不快感、硬直を2つの方法で緩和するのに役立ちます。

まず、関節を温めて全体的に快適になります。次に、圧縮特性により、日常の活動で関節をサポートするだけでなく、血液循環を良くして腫れや関節の硬直を効果的に軽減できます。圧縮手袋は医師による治療に代わるものではありませんが、治療プログラムに追加できる最高の非侵襲的ツールの 1 つです。ただし、圧縮手袋のメリットをすべて享受するには、最もフィットするものを選ぶようにしてください。圧縮手袋の仕組みの詳細については、詳細なブログ投稿をご覧ください。 ここ

圧縮手袋を着用する利点は何ですか?

圧縮手袋を着用すると、関節疾患に伴う痛みを伴う炎症の症状を緩和するのに役立ちます。以下に注目すべき利点をいくつか挙げます。

  • 痛みの緩和: 関節炎用手袋の圧縮特性は、手の関節炎に伴う痛みやこわばりを和らげるのに非常に効果的です。
  • 血行の改善: 圧迫は血行を改善し、腫れを軽減するのに役立ちます。さらに、圧迫手袋によって生じる温かさは、関節のこわばりや炎症を和らげるのに役立ちます。
  • 可動性の向上: 圧迫により指の腫れが大幅に軽減され、関節の柔軟性が向上します。
  • 関節をサポート: 厚手の素材で作られた圧縮手袋は、指の関節を安定させ、保護するのに効果的です。

自分に最適な圧縮手袋を見つけるにはどうすればいいでしょうか?

圧縮手袋を選ぶときは、自分のライフスタイルや習慣を考慮する必要があります。ただし、どのような圧縮手袋を選ぶにしても、最高の結果を得るには 8 時間連続で着用する必要があることを忘れないでください。

選択できる圧縮手袋の種類が非常に多いため、最適な圧縮手袋を選ぶのは大変な作業です。検索範囲を絞り込むために、人気のある圧縮手袋の種類をいくつか挙げ、それぞれのメリットと制限を概説しました。

指なし圧縮手袋

指なし圧縮手袋は日中に着用するのが最適です。あらゆる動きを必要とするときや、日常の活動や家事でしっかりと握って触覚を使う必要があるときに最適です。 指なし圧縮手袋 また、タイピングを頻繁に行う必要がある人にも便利です。欠点は、指なし圧縮手袋はフルフィンガー手袋に比べてサポート力が劣ることです。

銅圧縮手袋

銅を注入した圧縮手袋には、従来の圧縮手袋の機能性に加えて、抗菌効果も得られるという利点があります。銅圧縮手袋は、一日中手袋を着用しながら、手や指の血流と循環を改善して、痛みや炎症を起こした関節を緩和する必要がある方に最適です。

添え木付き圧縮手袋

手や指の力が弱い人に最適な、添え木付きの圧縮手袋は、サポートを提供し、怪我を防ぎ、痛みを和らげるのに最適です。追加のサポートにより、関節を保護し、関節炎による痛みを悪化させる可能性のあるさらなる怪我を防ぐことができます。ただし、添え木付きの手袋は、手や指に高いレベルの可動性が必要な人には適していません。

関節炎やレイノー症候群などの手に影響を与える同様の症状によって引き起こされる痛みを伴う症状に苦しんでいる場合、 手根管治療では、ドクター・アーサリティスが医師によってデザインされ、最高の素材で作られた圧縮手袋のセレクションを提供しています。 フルフィンガーまたはフィンガーレスのコンプレッショングローブの中から、あなたのニーズとライフスタイルに合ったものが必ず見つかります。Dr . Arthritisのセレクションをご覧ください。 圧縮手袋手首サポート 今日。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策