コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

指の関節を鳴らすと関節炎になることがありますか?

指の関節を鳴らすのは、世界で最も目立たない習慣とは言えないかもしれませんが、確かに満足感を与えてくれます。

一日中手を使うと、筋肉や関節が硬直します。指の関節をポキポキ鳴らすと、指や関節にかかる圧力が軽減されます。ポキポキ鳴らすと、関節液内の気泡が破裂し、関節間のスペースが広がるときに「ポキポキ」という音がします。風船を膨らませて、破裂するまで風船の壁を伸ばすようなものだと考えてください。同じ関節を2回続けてポキポキ鳴らせないのも、このためです。関節内に気泡が蓄積するには時間がかかるからです。

関節をポキポキ鳴らしたり曲げたりした後に感じる解放感は、たとえ善意の友人や家族がこの悪い習慣を続けることのリスクについて警告したとしても、なかなかやめられない強迫観念です。そして、おそらく何度も聞いたことがあるのが、指の関節をポキポキ鳴らすと関節炎になるという話です。

指の関節を鳴らすと関節炎になりますか?

さて、ここで良いニュースがあります…

指の関節を鳴らすことが悪影響を及ぼすという科学的証拠はありません。つまり、基本的に、指の関節を鳴らすことが関節炎などの関節疾患につながることは証明されていないということです。

実際、指の関節を鳴らす習慣に関するある研究では、 彼自身で実験を行った結果、その習慣はまったく無害であると結論づけています。彼は生涯を通じて定期的に片方の手の指の関節を鳴らし、数十年にわたってX線を使用してその状態を追跡しました。この研究では、彼の左手と右手の間に違いはないことがわかりました。これは、同じ結論に達したより大規模な研究によって裏付けられています。

そうは言っても、強迫的に指の関節を鳴らす人が完全に無罪になるわけではありません。

心地よいポキポキ音を出すために何が必要か考えてみてください。指を前後に曲げたり、ポキッと音を出すために力を入れて引っ張ったり、関節を変な角度にひねったり回したり、これらすべてを頻繁に行うと、関節に負担がかかり、時間の経過とともに軟骨がすり減る原因になります。

さらに、 90年代に行われたある研究では、定期的に指の関節をポキポキ鳴らす人は実際に握力が弱いことが分かりました。さらに、稀ではありますが、強くポキポキ鳴らそうとして怪我をする可能性も高いのです。

結論は?

指の関節をポキポキ鳴らすことが関節炎を引き起こす可能性は低いとしても、その習慣をやめるべき十分な理由があります。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策