コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

knee-braces-support

関節炎医師の質問: 関節炎を患いながら生きることに良い面はあるのでしょうか?

私たちは、関節炎に対処する際の落とし穴や課題について、正直にオープンに話すよう人々に何度も求めています。その結果、この病気を抱えて生きることのマイナス面ばかりに焦点が当てられてしまいがちです。

身体的、感情的、精神的に大きな負担がかかる病気と闘っていると、最悪な状況に陥ることがあります。そこで私たちは、少し趣向を変えて、関節炎とともに生きることの良い面を探ってみようと考えました。

関節炎に関しては、良い日よりも悪い日の方が多いです。それは理解しています。しかし、私たちは常に前向きで、希望を持ち、楽観的であり続けることを提唱してきました。実際、このコミュニティの一員である勇敢な魂との交流の中で、私たちの診断には予期せぬ明るい兆しがあることを示す逸話をいくつか集めることができました。

もっとオープンに、率直に話すことを学ぶ

私たちは、他人を喜ばせようと、波風を立てないように一生懸命に努力しながら、どれほどの頻度で人生を送っていますか? 他人がどう思うか自意識過剰になっているため、発言しないのです。

何かを言わざるを得ない状況、または身体的、感情的、精神的に負担がかかる状況に対処することで、もっと率直に話すことを学ぶことができます。罪悪感や自分を憐れむ気持ちを抱かずに、必要なときに助けを求めることを学びます。自分のニーズだけでなく、自分と同じ問題を抱えている他の人のニーズについても声を上げる勇気が生まれます。

自分自身と自分の限界を愛することを学ぶ

慢性的な障害や自己免疫疾患がなく、健康で完全に機能する人間であっても、欠点もすべて含めて自分自身を愛することを学ぶのは十分に難しいことです。ライフスタイルを大幅に変更する必要がある変性疾患と診断された場合、それがどれほど困難になるか想像してみてください。

関節炎を患っている場合、自分の体ができることとできないことを認めざるを得ません。新しい趣味や情熱を探し、変化した生活様式の中で充実感を見出すことを学びます。

健康にもっと重点を置く

関節炎を抑えるには、食生活や生活習慣を変える必要があります。一般的に、関節炎患者は加工肉、アルコール、ジャンクフードを控える必要があります。また、骨や関節をより柔軟で丈夫に保つために、(可能な場合は)体を動かしたり運動したりすることも推奨されます。

そのため、多くの関節炎患者は、新しい食生活とライフスタイルが体重管理に役立っていることに気づいています。また、単に食生活を改善し、日常生活に運動を取り入れようとしているだけで、エネルギーが大幅に増加していることに気づいています。

あなたはどうですか?診断されてから経験したすべての困難の中で、何かポジティブなことを共有できるとしたら、それは何ですか?私たちは、このコミュニティのメンバーにインスピレーションを与え続けるために、あなたのストーリーを聞きたいと思っています。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策