コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

これらの関節炎の合併症についてご存知ですか?

関節炎患者は心配することが十分にあるのに、変形性関節症 (OA) には他の多くの合併症も伴うことをご存知ですか?

OA 患者は慢性的な関節痛に加えて、不安から不眠症、体重増加まで、あらゆる症状を経験する可能性があります。そのため、早期発見の重要性を皆様にお伝えしたいと思います。治療しなければ、OA の症状は他の多くの合併症を引き起こし、生活の質に悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、

1. 眠れない夜

関節が硬直して痛むことは、関節炎に苦しむ人々が主に訴える症状です。残念ながら、これは関節炎の最も一般的で広範囲にわたる症状でもあり、安眠を妨げることになります。

ここでの最大の問題は、ほとんどの人が日中、症状を管理するだけですでに疲れ切っていることです。しかし、どんなに疲れていても、夜は眠れません。症状のせいで寝返りを打つことが多くなり、翌日はさらに疲れてしまいます。

2. 生産性の低下

関節が硬直したり痛んだりして、その症状に対処して生活するだけでも疲れ果ててしまうと、生産性が大幅に低下することが予想されます。

私たちの多くは、症状の悪化で衰弱してしまうため、学校や仕事を休むことが多くなります。将来的には、症状をよりうまく管理できる効果的な治療法が見つかるかもしれませんが、それまでは生産性が大幅に低下することが予想されます。

関節が痛むと、活動的になる意欲が減退しがちです。また、以前は楽しんでいた活動に参加できないことで感じるフラストレーションが、孤独と孤立の悪循環に陥る原因となることもあります。

3. うつ病と不安

数多くの研究で、関節炎患者における不安と鬱の関係が強調されています。OA の主な症状は、不安と鬱の発生率の上昇により、精神衛生に直接影響を及ぼします。これは主に、病気の感情的な影響をうまく表現できないことと、独立性を維持し、病気で友人や愛する人を落胆させたくないという願望によるものです。

4. 体重増加

関節炎により運動能力や活動能力が制限されるだけでなく、特定の薬剤も体重増加を引き起こすことが知られています。体重が増えると関節にかかる負担が大きくなるため、常に健康的な体重を維持するようアドバイスされています。さらに、体重が増えると糖尿病、高血圧、心臓病のリスクも高まります。

幸いなことに、これらの予期せぬ(避けられない)合併症は管理可能です。これらの合併症の初期症状が出始めたら、まずは医療専門家に相談するか、Facebook または Instagram のコミュニティに連絡して、関節炎に苦しむ仲間から最善の方法についてのアドバイスを得てください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策