コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

新しい薬剤の組み合わせが関節炎に有望な結果を示す

変形性関節症 (OA) は、関節の自然な摩耗によって引き起こされます。骨の間の軟骨が破壊されると、痛み、腫れ、関節のこわばりを防ぐためのクッションを回復することはほとんど不可能です。つまり、OA 患者には治療の選択肢がほとんどないのです。

しかし、2020年には良いニュースが少しだけあります。ソーク研究所の研究者によると、2つの実験薬を組み合わせることで、OAの細胞および分子の兆候を逆転させることができる可能性があるそうです。これまでのところ、結果はラットと単離したヒトの軟骨細胞でのみ観察されていますが、これらの発見は関節炎の研究にとって画期的なものとなる可能性があります。

「本当に嬉しいのは、この治療法が臨床に非常に簡単に応用できる可能性があるということです。私たちは、この有望な併用療法を人間向けに改良し続けることに興奮しています。」

フアン・カルロス・イズピスア・ベルモンテ、ソーク教授、本研究の主著者

これまでの研究で、2 つの特定の分子、α-KLOTHO (αKLOTHO) と TGF ベータ受容体 2 (TGFβR2) が OA の治療に使用できる可能性があることが明らかになりました。αKLOTHO は関節軟骨細胞を取り囲む分子の網に作用し、細胞外マトリックスの分解を防止します。TGFβR2 は軟骨細胞に直接作用し、細胞の増殖を刺激して分解を防止します。

動物実験では、各薬剤を個別に投与すると、OA を中程度に抑制する効果しか示されませんでした。しかし、併用すると、より高い効果が示されました。

「この薬剤の組み合わせをほんの数匹の動物で初めてテストしたときから、大きな改善が見られました。さらに多くの動物を調べ続け、同じ有望な結果が見られました」と、ソーク研究所の研究員で、この新しい研究の第一著者であるパロマ・マルティネス・レドンド氏は言う。

さらに実験を進めると、治療を受けたラットの軟骨細胞では対照群のラットに比べて活性が高まった遺伝子が 136 個、活性が低かった遺伝子が 18 個あることが明らかになった。その中には炎症や免疫反応に関わる遺伝子も含まれており、併用治療が効果を発揮する経路がいくつか示唆されている。

この薬剤の組み合わせが人間に適用できるかどうかをテストするために、研究チームは単離した人間の関節軟骨細胞を治療し、その結果、細胞増殖、細胞外マトリックス形成、軟骨細胞のアイデンティティに関与する分子のレベルがすべて上昇したことが示された。

誤解のないように言うと、これらのテストは実際の人間に同じ結果をもたらすことを意味するものではないが、研究者たちは初期の研究結果を、この薬剤の組み合わせが OA 患者に効く可能性があるという良い兆候と見ている。

もちろん、薬剤を直接服用しても安全であるかどうか、また、薬剤の組み合わせによって症状が現れる前に OA の発症を予防できるかどうかを確かめるには、さらなる研究が必要です。

研究結果は2020年1月16日にProtein & Cell誌に掲載されました。研究の詳細はこちら ここ

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策