コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎の医師が語る:これらの日常的な習慣が関節炎を悪化させている可能性がある

関節炎は、それに合わせて生活計画を立てなければならない病気であることは、誰もが知っています。特に、日々の習慣に関してはそうです。以前は何の疑問もなくできていたことでも、今では立ち止まって、それが症状を悪化させるものではないかどうか考えるよう促されます。

そのために、一見平凡で取るに足らない習慣が関節炎を引き起こしているかどうか、一度考えてみませんか?私たちは、日常生活によくある、症状を悪化させている可能性のある最も意外な事柄のリストをまとめました。以下をご覧ください。

1. フライドポテトを大盛りにする

次に外食するときは、フライドポテト、あるいはポテト料理は控えめにしましょう。

ある研究によると、ジャガイモは体重増加の主な原因の一つだそうです。  ハーバード大学の科学者らが12万人の健康な非肥満の女性と男性を対象に実施した調査では、13年間の研究期間中に平均3.3ポンドの体重増加が見られ、その最大の原因はジャガイモだった。

体重が増えると関節にかかる圧力が増すため、関節炎の症状が悪化します。これがどれほど深刻なことかよくわからないという方は、次のことを覚えておいてください。体重が 1 ポンド増えるごとに、膝にかかるストレスはおよそ 5 ポンド増えます。

2. タバコに火をつける

関節炎患者の中には、喫煙が病気に伴うストレスや不安に対処する手段になる人もいます。しかし、喫煙のデメリットは、考えられるメリットをはるかに上回ります。

喫煙は、心臓病、肺がん、肺気腫、喘息などの重篤な病気に加え、関節リウマチ(RA)のリスクを高め、RAの症状を悪化させることにも関連していると言われています。

喫煙は炎症を悪化させ、関節炎の症状を管理するために一般的に使用される薬の効果を低下させることが知られています。

3. お気に入りのブレンドコーヒードリンクを注文する

暑い日にキャラメルフラペチーノやキンキンに冷えたホワイトチョコレートモカを飲まない人がいるでしょうか?

ただし、これらのドリンクには少なくとも 600 カロリー、少なくともティースプーン 10 杯分の砂糖が含まれている可能性があるので注意してください。では、これらのコーヒー ドリンクを 1 日に何杯飲めるかを思い出し、無意識のうちに摂取している砂糖の量を考えてみましょう。

炎症誘発マーカーのレベルが上昇すると、慢性的な炎症を引き起こす可能性があります。時間が経つと、臓器、組織、関節に損傷を与える可能性があります。また、砂糖を多く含む飲み物は体重増加につながり、症状を悪化させます。

4. コンピューターの前に長時間座りすぎる

関節炎の管理に関しては、身体活動は諸刃の剣のように感じられるかもしれません。しかし、ほとんどの時間を座ってコンピューターの前にかがんで過ごす場合は特に、ほんの少しの運動でも大きな効果が得られます。

運動は、どんなに小さなことでも、関節を滑らかにするのに役立ちます。数時間おきにストレッチをしたり、犬を散歩に連れて行ったり、キッチンカウンターを拭いたりするなど、簡単なことでもかまいません。

5. 就寝前にスマートフォン、タブレット、ノートパソコンを使用する

私たちの多くは、寝る前に携帯電話をスクロールする傾向があります。Instagram や Pinterest を閲覧したり、Facebook のメッセージをチェックしたり、あるいは眠りにつくまでベッドでくつろぎながら Amazon ショッピングのブラックホールに陥ったりするのが好きです。しかし、眠りにつくことはほとんどありません。

その多くは関節炎に関係しています。痛みのために、快適に眠れなくなることがよくあります。しかし、モバイル デバイスの使用も状況の改善にはつながりません。睡眠不足は痛みや疲労の増大につながることは誰もが知っていますが、これはつまり、症状を大幅に悪化させているということです。

結論は?

こうした日常的な習慣に陥っているなら、コーヒーショップに行く回数を少し減らしたり、運動する時間を作ると良いかもしれません。病気とその症状を管理するためにできる限りのことをしているなら、うっかりして進歩を妨げないように、さらに一歩踏み出すのもよいでしょう。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策