コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

compression-gloves-wrist-supports

関節炎医師からのアドバイス: 長距離飛行に行く前に、次の 3 つの点に注意してください

長距離飛行が身体に与えるストレスを過小評価しないでください。退屈なだけでなく、列に並んだり、立ったり、歩いたりすることが多くなり、結局何時間も窮屈な座席に座ることになります。

しかし、長時間のフライト中にできるだけ健康を維持するために何もできないというわけではありません。以下に試せることをいくつか挙げます。

睡眠不足を避けるには

長距離フライトの前に頻繁に旅行する人がよく使うテクニックは? 一晩中起きていて、座席に座ったらすぐに眠りにつくことです。ただし、飛行機で長時間移動すると、搭乗前にカフェインで気分を高揚させて空港のセキュリティと入国審査に並ばなければなりません。座席に着く頃には、エコノミークラスの窮屈な椅子に座りながら少なくとも 8 時間眠ろうとすると思うだけで、眠れなくなるほど不快になっている可能性が高いです。ですから、フライト前にぐっすり眠ることを怠らないでください。少なくとも、搭乗前の面倒な作業を乗り切るのに十分なエネルギーが得られ、うまくいけば時差ぼけを防ぐことができます。

水をたくさん飲む

長距離フライトでは水分補給が重要です。コーヒーや紅茶、カフェインの入った飲み物、アルコールは控えるようにしましょう。密閉された機内での長距離フライトは脱水症状を引き起こし、体内の電解質バランスを崩す可能性があります。少なくともフライトの 1 晩前には水分補給をしてください。

圧縮スリーブを着用する

長距離飛行中によく心配されるのが深部静脈血栓症 (DVT) です。一般的に、飛行中に DVT を発症するリスクは小さいですが、移動時間が長くなるにつれてリスクが高まります。窮屈な座席に閉じ込められ、脱水症状も重なると、DVT の可能性が高まります。立ち上がってストレッチをしたり、通路を歩いたりすると、脚、特にふくらはぎの血流が改善されます。飛行中に穏やかで安定した圧迫を与えるように設計された圧迫スリーブを着用すると、血液循環が大幅に改善される可能性があります。

これら 3 つのことは、金属製のキャビンに閉じ込められ、循環空気を吸い、ほぼ 1 日中座席に座っていることを忘れさせるという点では、必ずしも大したことではないように思えるかもしれませんが、着陸するまでに健康と正気を保つには十分なはずです。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策