コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎医師からのヒント: 慢性的な痛みをうまくコントロールするのに役立つ 5 つの習慣

慢性的な痛みに対処しなければならない人は、症状をうまく管理するには、単に医師の指示に従うだけでは十分ではないことを知っています。関節炎を効果的に管理するために、他にもできることがいくつかあります。

1. 自分の病状についてもっと知るように心がけましょう

知識は力です。病気をコントロールしたいなら、最新の進歩、研究、調査、運動療法、利用可能な治療オプションについて常に情報を得ることが重要です。

常に学び続けることで、自分の病状に関する最新の動向を把握できるようになり、この分野での継続的な研究が最終的により良い治療と管理の選択肢につながるという見通しを持つことができます。

2. 自分の感情に耳を傾ける

関節炎は実によくある病気なので、人々はそれが患者にとって衰弱と壊滅をもたらす病気であることを忘れがちです。慢性的な痛みに対処しなければならない人は誰でも、関節炎が体に課す新たな制限に直面しなければなりません。絶え間ない痛みは、不快なものから無力なものまでさまざまです。場合によっては、外見が損なわれることも避けられません。

すべてを考慮すると、慢性的な痛みに対処することが感情と精神に非常に負担をかけることは容易に理解できます。実際、うつ病になる可能性が高くなります。そのため、自分の感情と調和を保つことが重要です。

3. 医師に状況を報告しましょう

信頼できる医師と一緒に、自分の病状について十分な情報を得た上で決定を下せるようにしてください。試してみたい新しい治療法、始めたい新しい運動療法、あるいは単に病状に関する一般的なカウンセリングなど、自分と医師の間でコミュニケーションのチャネルを開いておくことが重要です。

4. モチベーションを維持する

診断を受けて慢性的な痛みに対処しなければならないことによる感情的、心理的影響は、当然ながら大きいものです。しかし、自分の症状をうまくコントロールするには、積極的に対処する必要があります。まずは、何ができて何ができないかを知ることから始めましょう。ライフスタイルや習慣の何を変えたり調整したりする必要があるかを考えましょう。医師と一緒に計画を立て、次のステップを計画しましょう。食事、運動、薬、活動に関してどのような変化をしなければならないかを家族や友人に打ち明けましょう。

5. 自分に投資する

難しいように思えるかもしれませんが、診断を受ける前の生活を完全にあきらめる必要はありません。しかし現実的には、病気に合わせて生活を調整する必要があるかもしれません。そのためには、最初はゆっくり進め、生活スタイルを大幅に変え、病気の助けとなる補助具やツールを活用し、より現実的な新しい目標を設定することが必要になるかもしれません。

肉体的、感情的、心理的に回復力を高めることは、関節炎や慢性的な痛みに対処するための鍵となります。まずは、次の 5 つの実践的なステップを踏み、日常生活に取り入れてみましょう。

もちろん、さらに追加したいことがあれば、ぜひお聞かせください。お気軽に下記にコメントを残してください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策