コンテンツにスキップ
  • 25ポンド以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎医師からのアドバイス: 慢性的な痛みに悩む人に言ってはいけないこと

私たちは、関節炎による慢性的な痛みに苦しむ人々で構成されるコミュニティである私たちのフォロワーにとって役立つと思われるトピックについてよく書いています。

しかし、今日はちょっと趣向を変えて、慢性的な痛みと闘いながら毎日それを乗り越えなければならない家族を持つ人たちに直接語りかけます。

わかります。あなたは、自分が理解していることを相手に知ってもらいたいのです。たとえ善意からそう思っていたとしても、おそらく本当には理解していないでしょう。そして、それはあなたのせいではありません。実際、目に見えない病気の影響と深刻さを理解するのは難しいのです。病気に関するあなた自身の経験について言えば、病気になったときは医師の治療を受ければ治ります。

残念ながら、関節炎やその他の慢性疾患の場合はそうではありません。外見には影響しないかもしれませんが、間違いなく、その症状は身体と心に影響を及ぼします。痛みを感じ、疲れ、落ち込み、不安を感じ、時には絶望感を覚えます。

自分が経験していることを完全に理解できない人にとって、それを数語で表現し、捉えることはほぼ不可能です。それでも、以下のフレーズは苦しんでいる人々に伝えられ続けています。確かに、あなたの心は正しいのですが、傷ついたり、無視されているように感じることがあります。

1. 「…でも、病気には見えませんよ。」

関節炎に関するもう一つの残念な事実は、関節炎が悪化するとベッドから起き上がることさえできないほどの激しい痛みを感じるにもかかわらず、障害とはみなされないことです。関節炎患者は、単に世間がそう要求しているという理由だけで、勇敢な顔をしなければならないことがよくあります。

ですから、友人や家族が手首をひらひらさせたり歩いたりするたびに関節が擦れ合うようには見えなくても、実際にそうなっていて、ただ歯を食いしばってそれを乗り越えようとしているだけであることを理解してください。彼らに「病気には見えない」と言うと、相手を無視しているように感じられたり、もっとひどいことに、信じていないと思われたりするかもしれません。

2. 「関節炎になるには若すぎるよ!」

関節リウマチ (RA) 患者は、この病気によくかかりがちです。最も一般的な関節炎である変形性関節症は、加齢や関節の摩耗によって起こりますが、RA は自己免疫疾患で、あらゆる年齢の人に発症​​する可能性があります。また、若年性関節炎は実際に存在し、中年の人が関節炎にかかっていても気づいていない可能性があるという研究結果もあります。

関節炎を経験するのに「若すぎる」人はいません。特に、あらゆる年齢の人々に影響を及ぼす可能性のある関節炎の種類は 100 種類以上あることを考えるとなおさらです。そして、若い人にこのことを言うと、状況に対する自分のコントロールがいかに少ないかを強調し、症状についてさらに悪い気分にさせるだけかもしれません。

3. 「わかりますよ、誰でも疲れますよ。」

確かに、誰もが人生のある時点で徹夜を経験したことがあるでしょう。誰もが立ちっぱなしで、おそらく重労働をし、その後筋肉や骨が痛むのを感じた経験があるでしょう。

違いは、関節炎患者が感じる疲労のレベルが計り知れないことです。そして、これは彼らが耐えなければならない痛みに加えて起こります。友人と夜遊びに出かけたり、夜更かししたりするといった単純なことでも、彼らの身体にひどい負担をかけます。そして、その疲労から完全に回復するにはおそらく何日もかかるでしょう。

関節の痛みで夜眠れないことはよくあるため、患者は常に疲れています。また、自分の症状のせいで仕事や学校に行けなくなることを考え始めると、不安を感じることは言うまでもありません。

4. 「前向きでいましょう…ただ今日は悪い日なだけです。」

あらゆる意味で、このフレーズは気分を高揚させ、やる気を起こさせるように作られています。関節炎患者にとってはありがたい日もあるかもしれませんが、関節炎患者にとっては不快に感じることも少なくありません。

関節炎を患う多くの人にとって、服を着て、外出して、どんな活動でも楽しむことは、達成感をもたらします。慢性的な痛みに苦しむ友人と出かけてコーヒーを飲んでいるとしたら、その友人は良い日を過ごしている可能性が高いです。ベッドから起き上がり、孤独感を克服するために人と会う努力をし、自分の気持ちを打ち明ける努力をしています。「ただ調子が悪いだけ」と言うと、その努力がすべて無意味であるかのように思えます。つまり、彼らの状況の重大さと、あなたのために彼らが尽くした努力を軽視しているのです。そして、励ますどころか、まったく逆の結果をもたらしているのです。

5. 「ねえ…少なくとも仕事や学校に行く必要はないよ。」

学校や仕事は面倒に思えるかもしれません…実際には行けないことに気づくまでは。

関節炎患者は休暇を取るために授業や会議をさぼっているのではない。文字通り行けないので家にいるしかないのだ。教室で基本的な学習をしたり収入を得たりといった選択肢を失うと、患者は絶望感に襲われる。まるで自分の病気のせいで人生のコントロールをすべて失っているかのようだ。学校や仕事に行けないことも、孤立感を強める。周囲に人がいる代わりに、患者は自力で何とかし、病気と1人で向き合わなければならない。

おそらく、こう言うことで物事の良い面を見てもらおうとしているだけでしょうが、真実は、相手が何を見逃しているかを思い出させているだけなのです。

結局のところ、関節炎や慢性的な痛みに苦しんでいる人に言える最良の言葉は、「あなたのためにここにいます」ということかもしれません。必ずしもアドバイスをしたり、解決策を提示したりする必要はありません。人生を変えるような経験をしているときに、自分は一人ではないと思い出させるだけで、乗り越えるのに十分です。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策