コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

foot-and-ankle-sleeves-and-support

関節炎医師からのアドバイス: 足の痛みと腫れを和らげる6つの方法

どのような理由であれ、長時間立ちっぱなしになると、最終的には身体に悪影響が出るということを覚えておくことが重要です。多くの場合、慢性的な痛みや腫れを引き起こす可能性があります。これは、身体が下肢、足首、足に水分を溜め込むことで起こります。

ただし、これは身体の限界に挑む日常的な活動によって引き起こされる可能性が高いことを覚えておいてください。そして、これらの症状に関しては、管理して一日を乗り切ることがすべてです。

これらの問題の原因は何でしょうか?

立ったり歩いたりするといった無害な動作が、仕事上の危険とみなされるというのは、想像しにくいことです。しかし、職場の物理的なレイアウトや、仕事で必要な作業の種類によっては、実際に何かを休憩なしで繰り返し行うことになるかもしれません。また、狭い空間や硬い地面で長時間立ったり歩いたりしなければならない場合、特に不適切な履物を履いていると、筋肉への血流が減少することで慢性的な痛みを引き起こす可能性があります。

何ができるでしょうか?

幸いなことに、長時間の立ち仕事に伴うリスクを軽減する方法がいくつかあります。以下に試せる方法をいくつか示します。

  1. 可能な限り、立ったり座ったりを交互に行ってください。座る時間を見つけて、休憩時間を利用して足を休めてください。

  2. 妊娠中の女性は、できる限り足を上げる時間を作りましょう。足を頭よりも高い位置に置くのが最適です。

  3. 可能な限り動き回り、姿勢を変えてください。動き回ったり、歩いたり、ストレッチしたり、立ち位置を変えたりして、体重を移動させましょう。

  4. 靴は慎重に選びましょう。特に一日中立ち続けることになるので、十分なサポート力と快適さを備えた靴を選びましょう。

  5. つま先を休めて、ヒールを下ろしましょう。ハイヒールは、どんなに足が慣れていても、一日中毎日履くものではありません。

  6. 圧縮スリーブを使用します。圧縮スリーブは、筋肉と関節に圧縮、保温、軽いサポートを提供します。これにより、運動中の筋肉への酸素供給が増加し、患部周辺の血液循環が促進され、乳酸やその他の代謝老廃物の除去が促進され、炎症が軽減され、身体の自然な修復プロセスが加速されます。

圧縮衣類のラインで知られるブランド、Doctor Arthritis は、医療従事者としての創設者の経験と洞察力に基づいて圧縮スリーブのコレクションを作成しました。

このブランドのコレクションは、88% の銅ナイロンと 12% のスパンデックスの高品質ブレンドを使用して作られており、入手可能な製品の中で最も銅含有量が多い製品の 1 つとなり、一日中快適に過ごせます。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策