コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

ストレスが関節炎を引き起こす可能性はありますか?

最後に症状が悪化したときのことを思い出してください。その前にストレスやトラウマになるような出来事がありましたか?

研究者たちは長い間、精神的ストレスと関節炎との明確な関連性を見つけようとしてきました。しかし、多くの研究が人生におけるネガティブな出来事と症状の発症との関連を主張している一方で、多くの疑問がまだ残っています。

つながりを作る

2010年に遡ると、  関節リウマチ(RA)患者を対象とした研究では、被験者はストレスの多い出来事と症状の発症を直接結び付けることができた。しかし研究者らは、この相関関係は症状に意味を与え、症状をコントロールしているという感覚を確立するための手段としてのみ作られたと結論付けた。

この研究は何を示唆しているのでしょうか? ストレスと慢性関節痛の間には、実際には直接的な因果関係はないということです。

しかし、他の研究では異なる結果が報告されており、ストレスと関節炎のリスク増加との関連性が明らかになっています。実際、  ある研究では、幼少期に2回以上のトラウマ的な出来事を経験した人は、そうでない人に比べてリウマチ性疾患が100パーセント増加した。また、退役軍人を対象とした別の研究では、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の被験者に症状や障害がより多く現れた。

ストレスの本当の役割

慢性関節痛疾患とストレスの相関関係を理解するために行われた研究は広範囲にわたります。しかし、現在まで、ストレスが関節炎にどのような影響を与えるかは、数多くの研究や、ストレスが関節炎の症状を悪化させる可能性があるという証拠が増えているにもかかわらず、不明のままです。 

なぜでしょうか? それは、ストレスそのものを測定するのが特に難しいという事実によるものです。

ストレスは主観的なものです。

ストレスの多い状況に対する人々の反応は、原因、患者の現在の精神状態や感情、全般的な健康状態、環境など、他の多くの主観的要因によって大きく異なります。また、人体には、研究者が研究の基準として使用できるストレスに対する標準的な反応が実際には存在しないことも注目に値します。つまり、ストレスが身体に与える影響に関するあらゆる種類の研究は、非常に少ない定量的データから始めるしかなく、決定的な結論を出すのがさらに難しくなります。

あなたにできることはこれです

安心してください。医療界は、関節炎に苦しむ何百万人もの人々に本当の答えを与えるために懸命に取り組んでいます。しかし、ストレスと関節炎の関係を見つけようと努力する一方で、一つ確かなことがあります。ストレスは、たとえ本人が気づいていなくても、健康全般に影響を与える可能性があり、頭痛や不眠症が長引くこと、胸痛から胃の不調、落ち着きのなさからイライラ、孤独から不安まで、さまざまな形で現れる可能性があるということです。

すでに慢性的な痛みに苦しんでいる場合、言うまでもなく、これらすべてを、管理しなければならない症状のリストに加えるのは、非常に大変なことです。そして、それは必然的にストレスにつながり、痛みの閾値を下げ、症状を今よりさらに悪化させる可能性があります。ストレスは、不安と痛みの終わりのない悪循環を引き起こします。そして、ストレスを管理するより良い方法を見つけることで、意識的にこれを断ち切る必要があります。

これが私たちのアドバイスです–

  • 可能であれば、日常生活に身体活動を取り入れるようにしてください。
  • 瞑想や深呼吸などのリラクゼーションテクニックを実践しましょう。
  • すべてを客観的に見るようにしてください。
  • 最悪の日であっても、家族や友人と疎遠にならないでください。
  • 読書や音楽鑑賞など、簡単なことでも趣味を楽しむ時間を確保しましょう。
  • 健康的でバランスの取れた食事を摂る

そしておそらく最も重要なのは… 

  • いつ助けを求めるべきかを知ってください。あなたの経験を正確に理解している人は他にもいます。サポート グループを見つけ、医師に相談し、家族や友人に連絡を取り、関節炎を抱えて生きることがどのようなことかをオープンに話せる手段を見つけてください。
前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策