コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

foot-and-ankle-sleeves-and-support

足底筋膜炎の原因は何ですか? また、着圧ソックスは足底筋膜炎の痛みにどのように役立ちますか?

足底筋膜炎という症状に苦しむ人々にとって、朝は特に苦痛を伴うことがあります。


この症状は成人のかかとの痛みの最も一般的な原因の 1 つとして知られており、朝一番に歩き出すときに感じる鋭く刺すような痛みが特徴です。
整形外科でよく見られる症状であるにもかかわらず、原因は不明です。わかっているのは、足底筋膜炎は炎症性疾患であり、足底筋膜で発生するということです。足底筋膜とは、足の裏に沿って走る組織の帯で、土踏まずを形成し、足とつま先をつなぎます。脂肪の塊がその組織を覆い、かかとが足にかかる衝撃を吸収するのを助けます。そして、それが損傷すると、かかとの腫れや痛みを引き起こすのが一般的です。

足底筋膜炎の症状


足底筋膜炎で最も痛みが現れる部位

多くの慢性的な痛みの症状と同様に、足底筋膜炎の主な症状は痛みと腫れです。この症状に苦しむ人にとって、朝はつらいものです。特に、目覚めて最初の数歩を踏み出すときに痛みがひどくなるのが普通だからです。
足底筋膜炎の痛みは、通常、かかと付近の足の裏に刺すような痛みとして感じられます。体を動かすと症状は緩和しますが、長時間立った後や座った状態から立ち上がったときに再発することがあります。足底筋膜炎の痛みは運動によって引き起こされる場合があり、運動後に痛みが悪化することがあります。

足底筋膜炎の原因は何ですか?

足底筋膜炎の原因は、足底筋膜靭帯の過度の使用、摩耗、炎症であることが多いです。しかし、この症状の本当の原因は不明です。足底筋膜炎の痛みが明らかな原因なく発症するケースもあり、症状をよりよく理解するためにはリスク要因を調査する必要があることがよくあります。


ランニングなどの活動によって足にさらなるストレスがかかると、足底筋膜炎を引き起こす可能性があります。

たとえば、バレエ、エアロビクスダンス、長距離走など、特に足に大きな負担をかける特定の種類の運動は、足底筋膜炎の発症につながる可能性があります。
年齢も原因の 1 つであり、40 歳から 60 歳の患者に診断が下されることが多いです。
扁平足、ハイアーチ、または通常とは異なる歩き方などの異常な足の構造は、立っているときに足にかかる体重の分散に影響を与え、靭帯にストレスを与える可能性があります。
肥満などのその他の生活習慣も原因の 1 つです。体重が増えると足に負担がかかります。また、硬い地面の上で長時間立ち続ける仕事も、足底筋膜の摩耗を悪化させる可能性があります。

足底筋膜炎の合併症を心配する必要がありますか?

足底筋膜炎の症状を無視すると、慢性的なかかとの痛みが生じ、日常の活動に支障をきたす可能性があります。
これまでに説明した症状に似た痛みを現在感じている場合は、足を診察して症状を確認できる信頼できる医師に相談することをお勧めします。痛みがどのくらい続いているか、いつ起こるかなどについて質問され、症状が他の問題によるものではないことを確認するために追加の検査を受けるよう求められる場合もあります。

足底筋膜炎のサポートと治療

足底筋膜炎の痛みが現れ始めたら、多くの場合、家庭療法が第一選択の治療になります。これには、かかとを休める、患部にアイシングをする、市販の抗炎症薬を服用して炎症と痛みを抑える、足底筋膜炎をさらにサポートするための道具や補助具を使用するなどの一般的な治療法が含まれます。
足底筋膜炎用ソックスは、治療とサポートに特に役立つツールです。着圧ソックスは足底筋膜炎の痛みにどのように役立つのでしょうか? 足の裏に圧力をかけることで、その部分への血流を改善し、腫れを最小限に抑えます。これにより、最終的に炎症を軽減し、この病気によって引き起こされる痛みの症状を軽減することができます。足底筋膜炎用ソックスの有効性を支持する事例データは数多くあり、多くの患者が、既知の家庭療法と組み合わせて継続的に使用することで、大幅に痛みが軽減されたと語っています。
医師から特に指示がない限り、長時間横たわっていることになるので、睡眠中に着圧ソックスを着用することはお勧めしません。足への血流が阻害される可能性があります。
簡単なエクササイズは、当社の製品を購入すると付属するハンドブックに記載されています。 足底筋膜炎サポーターは、足とふくらはぎの緊張を和らげるのに役立ちます。正しく継続的に行うことで、すぐに痛みが和らぎ、時間の経過とともに症状が改善します。
靴のインソールを使用するなどの他の治療法も靭帯へのストレスを最小限に抑えるのに役立つことが知られており、長時間立ち続ける必要がある仕事をしている人には有効です。症状を和らげるためにマッサージを使用することも効果的であることが知られています。また、理学療法を通じて専門家の介入を求め、足底筋膜を伸ばし、下肢の筋肉を強化し、歩行を安定させることも、この症状に効果的です。
より極端なケースでは、痛みがひどく、症状が 6 ~ 12 か月以上続く場合は、外科的介入が推奨されます。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策