コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

elbow-sleeve-braces-support

関節炎の医師が解説: 関節炎に関する最も一般的な誤解を解説

関節炎財団によると、約5,400万人の成人が関節炎と診断されている。

この数字は、控えめに見積もっても、この病気を抱えて生きなければならない人が実際にたくさんいることを示しています。しかし、患者も介護者も含め、非常に多くの人々が、この病気にまつわる迷信や誤解を信じている傾向があります。

そこで私たちは、寒い気候が関節を痛めるのか、唐辛子を食べると実際に痛みが和らぐのか、そしてこの病気に関して皆さんが抱くであろうその他の疑問について、ついに憶測に終止符を打とうと考えました。

誤解 1: 「関節炎と診断されたばかりで、何もできない。」

最も一般的な関節炎である変形性関節症には、確かに治療法はありません(関節置換術はある程度の例外かもしれませんが)。しかし、診断されたからといって、ただそれに耐えて生きていくしかないというわけではありません。痛みを軽減し、自立性を維持し、可動性を向上させる方法はあります。

伝統的な治療以外にも、より多くの身体活動を取り入れ、より健康的な食事を摂ることで全体的なライフスタイルを改善し、道具や補助具の使用を含む代替療法や補完療法を検討することができます。(膝サポーター肘サポーターなど)

誤解2: 「寒い天候は関節痛を悪化させます。」

この主張は、科学界と実際にこの症状に苦しむ人々から強く反論されてきた。そして現在まで、後者の主張を裏付ける決定的な証拠はない。そのため、寒さと関節痛の関連性に関する話はすべて逸話的なものにすぎないが、研究者たちは現在、その相関関係を調査する研究を実際に進めている。

 2016年に始まったこの研究、マンチェスター大学が主導している。研究終了後、研究チームはデータの正式な分析を進め、この古くからの疑問に対する答えをついに世界に提示する予定だ。

誤解3: 「唐辛子を食べると痛みが和らぎます。」

これは昔からの言い伝えのように聞こえるが、実際に真実である可能性もある。唐辛子の有効成分であるカプサイシンは、実際に変形性関節症の患者に処方されており、クリームやジェルの形で販売されている。

カプサイシンは、関節から脳に痛みの信号を送る神経をブロックすることで作用します。ただし、実際に効果を感じ始めるまでには、通常、2 週間から 1 か月ほどかかることに注意してください。

誤解 4: 「関節の器用さを必要とする趣味は、関節炎を悪化させるだけです。」

編み物やガーデニング、書道など、関節に負担をかける活動が関節炎を悪化させるという科学的根拠はありません。これらの趣味に熱中したいなら、どうぞご自由に。ただし、関節に負担がかからないように工夫するのもいいかもしれません。関節炎専用の道具を使ったり、圧迫スリーブを使ってサポート力を高めたりするのもよいでしょう。

誤解 5: 「私は関節炎を患っているので、おそらく子供にも遺伝してしまうでしょう。」

関節炎は、通常、遺伝的素因と数多くの環境要因が組み合わさって起こります。そのため、家族歴によってリスクが高まる可能性がある一方で、ライフスタイルも関節炎の発症に影響を及ぼします。

誤解 6: 「もう運動はできない。関節炎が悪化するだけだ。」

関節炎によって生じる痛みは、不快なものから衰弱させるものまでさまざまです。痛みの程度によっては、運動や身体活動ができなくなる場合があります。

自分の限界を理解し、体の声に耳を傾けましょう。定期的な低負荷の運動は、関節を強化し、筋肉を増強し、関節の可動性を高め、体重を抑えて関節にかかる圧力を軽減することで、症状の管理に役立ちます。

あなたが知っている神話はありますか? 以下にすべて教えてください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策