コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

compression-gloves-wrist-supports

関節炎医師が語る:手根管症候群の症状の治療を遅らせてはいけない理由

最初は指に少しチクチクする感じから始まります。チクチクする感じは出たり消えたりしますが、非常に微妙なため、ほとんどの人は気にしない傾向があります。その後、チクチクする感じが頻繁になり、しびれも伴っていることに気づきます。手が弱くなったように感じ、時には激痛を感じることもあります。

これらはすべて手根管症候群の症状である可能性があります。この症状は、腕から手まで伸びる正中神経が圧迫されて腫れたときに起こります。

典型的な手根管症候群の症状は、通常、親指、人差し指、中指、薬指の半分に影響します。小指は別の神経が支配しているため、通常は影響を受けません。また、この症状は簡単な身体検査で簡単に診断できます。

重要なのは、手根管症候群の症状を早期に認識することです。症状を放置すればするほど、永久的な神経損傷の可能性が高くなります。

初期症状は何ですか?

手根管症候群の症状は、現れたり消えたりする傾向があります。しかし、時間が経つにつれて、特に初期症状を無視すると、症状はより頻繁に現れ、徐々に悪化する可能性があります。

  • 症状は、親指と他の指(小指を除く)にチクチク感、しびれ、または灼熱感が徐々に広がり始めることで始まります。チクチク感は前腕まで広がることもあります。
  • 通常、人は手首を曲げた状態で寝るため、正中神経に圧力がかかり、その結果、夜間に症状が現れやすくなります。
  • 症状が悪化すると、日中にも症状が現れ始めます。多くの場合、運転中や携帯電話を持っているときなど、手首を長時間曲げる必要がある活動中に症状が現れます。
  • 握力やつまむ能力に影響が出始めていることに気づきます。手が弱くなるにつれて物を落としやすくなり、小さな物の取り扱いが難しくなり、握りこぶしを作るといった簡単な動作さえも難しくなります。

いつ医師に電話すべきですか?

上記の症状がより頻繁に、より定期的に現れ始めたら、医療専門家に専門的な意見を求める必要があります。

軽症の場合は、通常、手を休めたり、装具や副木、または手根管症候群の症状を緩和するために手根管手首装具を着用したりします。より進行したケースでは、通常、患者が初期症状を無視することが原因で、ステロイド注射や、正中神経を圧迫している靭帯を解放するための手術が必要になる場合があります。

手根管症候群の症状は、自然に消えるものではありません。治療しないと、永久的な神経損傷を引き起こし、症状がさらに広がる可能性があります。そのため、すでにこれらの初期症状が現れている場合は、信頼できる医師に診察してもらい、正確な診断を受けるようにしてください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策