コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

すでに関節炎を患っていても気づいていない可能性があります

関節が腫れる、膝が固くなる、手首が痛い。30代半ばから40代後半になると、これらの症状が関節炎である可能性はほとんど考えられません。結局のところ、関節炎は高齢者の病気ではないのでしょうか?

しかし、新たな研究によると、特に中年層では、この症状にすでに悩まされているにもかかわらず、それに気づいていない人がはるかに多い可能性があるという。実際、  最近の研究によると、医師が診断した関節炎のデータに頼るだけでは、現在の統計ではこの病気の実際の発生率を示していない可能性があるという。特に、症状をありふれた痛みとして軽視する傾向のある若年層ではその傾向が顕著だ。

現在の統計

現在、米国疾病管理予防センター(CDC)は、医師が関節炎と診断した成人が約5,400万人いると報告している。新たな研究を考慮に入れると、この数は9,100万人にまで大幅に増加する可能性がある。しかも、これは45~64歳の年齢層だけを含んだ数字だ。

さらに詳しく見てみると、  ウォール ストリート ジャーナルは、現在 CDC の関節炎プログラムを率いるチャールズ ヘルミック氏にインタビューしました。ヘルミック氏はこの研究についてコメントを控えていますが、組織の研究手法には賛同しています。ヘルミック氏によると、関節の痛みは必ずしも関節炎を意味するわけではなく、医師の診断は「真の関節炎のより良い指標」だそうです。

より良いケア

主要な研究グループがこの新しい研究のメリットについて議論する一方で、関節炎を身体障害や関節置換手術の主な原因である衰弱性疾患として認識することの重要性は、これまで以上に明らかになっています。

関節炎は死に至る病気ではないというだけの理由で、その影響は軽視されることが多い。しかし、関節炎が生活の質に与える多大な影響は否定できない。例えば、関節炎患者が仕事ができなくなったり、簡単な家事さえこなせなくなったりすることは珍しくない。

そうは言っても、関節炎の未診断または誤診の症例が増えているというニュースは、症状を決して無視してはならないという事実、特にそれが動き、活動、機能に影響を及ぼし始めたら、その事実にもっと注目が集まるはずだ。

この研究の詳細については、  ここ

それまでの間、関節炎の管理方法についてもっと知りたい場合は、お気軽に当社のブログをご覧くださいまずは、以下の便利なトピックをご覧ください。

症状の管理について:

あなたの状態を理解する上で:

自分が経験していることを知っている人を見つけることについて:

関節炎に苦しむ若者であることについて:

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策