コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

top-sellers

関節炎の医師からのアドバイス: 関節炎の患者が避けるべき 4 つの食品

関節炎に悩む人なら、症状を悪化させるような特定の食べ物があることに気づいたことがあるかもしれません。残念ながら、それはすべてあなたの気のせいではありません。

関節炎に苦しんでいるということは、体が炎症状態にあることを意味します。何を食べるか、何を食べないかによって、症状が悪化する可能性があります。症状が悪化するだけでなく、食生活を変えないと、心臓病、糖尿病、肥満などの他の慢性疾患につながる可能性があります。

そのため、次回の買い物でどんな食べ物を買うべきかについて、すでに多くのリサーチを済ませているのではないでしょうか。ありがたいことに、たくさんの情報があります。症状の管理に役立つ最高の食事のコツを紹介する短いビデオも作成しました。

しかし、物事をもっと簡単にするために、避けるべき一般的な食品や食材のリストもまとめ、いくつかの代替品を提案しました。

飽和脂肪

飽和脂肪をどれだけ摂取しているか、もっと意識しましょう。飽和脂肪は室温でも固体のままです。チーズ、バター、肉などを考えてみてください。これらを摂りすぎると、最終的にはコレステロール値に問題が生じます。また、関節炎患者は心臓病のリスクが高いため、コレステロール値を常に把握しておくことが大切です。

少量の飽和脂肪は問題ありません。ただし、総摂取カロリーの 10% 未満に制限するようにしてください。

塩分を減らすと、心臓発作や腎臓病につながる可能性がある高血圧のリスクを軽減できます。

しかし、塩分に関して言えば、本当の問題は、どれくらいが多すぎるのか、ということです。平均的な人は、1 日に約 3,400 mg のナトリウムを摂取します。しかし、ほとんどの医師は、1 日の塩分摂取量を 2,300 mg 未満に制限することを推奨しています。

摂取量を最小限に抑えるために、食品ラベルを注意深く読むか、低ナトリウム代替品を使用してください。または、食卓塩の代わりにハーブやスパイスを使用して、食品の風味を高めることもできます。

砂糖

関節炎に悩まされている人は、関節に過度の負担をかけないようにする必要があります。そのためには健康的な体重を維持する必要があり、より健康的な食事を選ぶ必要があります。そのため、精製糖は避けるべきもののリストのトップに簡単に上がります。

代わりに、カロリーゼロの甘味料、蜂蜜、アガベシロップ、メープルシロップに切り替えてみてください。

アルコール

何事もほどほどに。これがアルコールと関節炎に関する黄金律です。夕食時にグラス一杯のワインを飲んだり、たまにビールを一杯飲んだりしても、関節に必ずしも悪影響があるわけではありません。しかし、それを習慣にすると、特に症状の維持薬を服用している場合は、多くの問題を引き起こす可能性があります。多くの鎮痛剤はアルコールと相性が悪く、胃の出血や潰瘍のリスクを高める可能性があります。また、アセトアミノフェンをアルコールと混ぜると、肝臓にダメージを与えやすくなります。

このリストは、できるだけ短く簡潔にまとめ、避けるべき食品を簡単に思い出せるようにしました。関節炎の食事に関するヒントをもっと共有したい場合は、お気軽に下のコメント欄にご記入ください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策