コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

wrist-support

これらのヒントでエネルギーを高めましょう

病気にもかかわらず、私たちはできるだけ楽観的になることができますが、真実は、ポジティブさは関節炎にはあまり効果がないということです。筋肉や関節の痛み、疲労に対処し、不快感を隠そうと日々を過ごしていると、疲れ果て、わずかなエネルギーも消耗してしまいます。

それで、私たちは何ができるでしょうか?

幸いなことに、関節炎に対する家庭療法やライフスタイルの変更がいくつかあり、それを日常生活に取り入れて元気を取り戻すことができます。

フィットネスで疲労と戦う

活動的に過ごし、健康を維持する努力をすることは、あなたのエネルギー レベルに大きな違いをもたらします。関節の痛みやこわばりに悩まされているときは、これが必ずしも可能ではないことはわかっています。実際、それはおそらくあなたの頭の隅にも浮かばないものです。しかし、ほんの少しの努力でも、大きな違いを生み出すことができます。

小さなことから始めることをお勧めします。健康を維持するために、マラソンのトレーニングをしたり、ベンチプレスで体重を持ち上げたりする必要はありません。活動的でいるということは、たとえ 10 分から 15 分でも、快適なペースで散歩することを意味します。関節にかかる負荷が大きすぎる場合は、水泳を試してください。水は腰、背中の下部、膝にかかる圧力を軽減するのに役立ちます。

たとえ簡単な散歩であっても、ウォーミングアップを忘れないようにしてください。軽くストレッチしたり、その場で行進したりするだけで効果があります。

もう一度言いますが、自分に無理をしないでください。どんな活動を選ぶにしても、小さなことから始めてください。自分の限界を考慮して達成可能な目標を設定し、1 日のうち数分を運動に充ててください。フィットネスに費やす時間がどれだけ少なくても、1 日数分でもまったくやらないよりはましです。また、必ず医療チームに相談してください。医療チームは、あなたに適したエクササイズを勧めてくれたり、フィットネスを日常生活に取り入れる方法について、より良いアドバイスやガイドラインを提供してくれるかもしれません。

バランスを見つける

私たちは、診断のせいで、多くのことを過剰に補償しようとしてしまうことがよくあります。自立を失うことを恐れ、何も変わっていないことを自分自身に証明しようと、より多くのことをします。愛する人たちに心配をかけたくないので、痛みや不快感を隠すために努力します。

毎日こんな風に考え続けるのは疲れます。

関節炎に対処するにはバランスを取る必要があります。活動的な姿勢を保ちながら、すでに疲れて痛んでいる関節を酷使しないようにすることの間の妥協点を見つけることです。身体に過度のストレスをかけないようにしながら、物事をやり遂げることです。いつ自分を追い込むべきか、いつ助けを求めるべきかを知ることです。

自分の限界はわかっています。正直に、できることとできないことを認めましょう。体の声に耳を傾けることで、体のニーズにうまく対応できるようになります。たとえば、仕事で一日中タイピングする必要があり、手の関節炎と診断されたばかりなら、手首や指の痛みを無視しないでください。痛みを認めることで、対処できるようになります。手首をさらにサポートする圧縮手袋を試したり、休憩を頻繁にとったり、手のエクササイズを学んだりすることもできます。

ぐっすり眠るための準備

睡眠障害は、関節炎で最もイライラする症状の 1 つです。残念ながら、関節炎にはつきものです。痛みで夜中に目が覚めることもよくあります。関節炎患者は不安やうつにもなりやすく、さらに眠れない夜を過ごすことになります。睡眠の質が悪いのは、服用している薬のせいである場合もあります。

これらすべてに対処するには、寝室が休息とリラックスのための安息の場であることを確認してください。寝室には、ぐっすり眠るのを妨げるような機器が置かれていないことを確認してください。快適なマットレス、高品質の枕、遮光カーテンに投資してください。

寝る1時間前に体を休める時間を与えましょう。照明を暗くし、テレビを消し、携帯電話をサイレントモードにしましょう。温かいお風呂かシャワーを浴びて、良い本を読んで体を丸めましょう。

より良い食事を計画する時間を見つける

病気の管理には食生活が大きな役割を果たします。関節炎の症状を和らげたり治したりする奇跡の食べ物はありませんが、健康的でバランスの取れた食事を摂ることで炎症を軽減し、再発を防ぐことができます。

詳細については、以下の短いビデオをご覧ください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策