コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

knee-braces-support

膝の怪我を防ぐためのヒント

関節の健康に関しては、特にスポーツ愛好家であれば、膝が身体活動による消耗を感じ始めるまでは楽しいことばかりです。

ご存知のとおり、関節は年齢を重ねるにつれて衰えていきます。若い頃に楽しんでいた活動、たとえ健康維持のために行っていたものであっても、実際には怪我につながる可能性があります。

これを防ぐには、次のスポーツや運動のヒントに留意してください。

1. 自分の限界を知る

常に自分を追い込むような非常にアクティブなライフスタイルを送っている場合、何ができて何ができないかの限界を定めるのは難しい。しかし、関節に関しては、身体が発する声に耳を傾けなければならない。いつ止めていつ休むべきかを知る必要がある。あるいは、次のような補助ツールを使う必要がある。 特に関節炎がある場合は、筋肉を引っ張ったり緊張させたり、関節を損傷したりしないように、膝サポーターを使用してください。

2. 水分補給を心がける

脱水 水分補給は、あらゆる身体活動中の全体的な健康状態とパフォーマンスに影響を与える可能性があります。水分補給をしっかり行うことで、激しい運動中に筋肉に適切な栄養を与え、エネルギー レベルを高めることができます。

3. 正しく食べる

健康的なライフスタイルを維持する上で、食事は重要な役割を果たします。運動前、運動中、運動後に何を食べるかによって、パフォーマンスや回復の速さが決まります。

目標は、バランスのとれた栄養価の高い食事を摂ることです。ただし、運動中の主なエネルギー源となる良質な炭水化物を食事に加えるようにしてください。

4. 正しい機器を使用する

これは、使用する運動器具だけでなく、着用すべき保護具の種類にも関係します。最も一般的なオプションは次のとおりです。 膝ブレース、膝スリーブ、膝ストラップ、または膝サポーターは、激しい身体活動中に最も脆弱になる膝関節を保護するように設計されています。

これらの膝サポーターは、 関節炎の場合、正しくフィットしているかどうか確認する必要があります。疑問がある場合は、医師に相談してください。関節炎用の膝サポーターや靭帯損傷用の膝サポーターが必要かどうか、利用可能なものがあるかどうかを確認してください。 膝サポーター 女性用か、男性専用に設計された膝サポーターか?最後に、フィット感とスタイルに関してアドバイスをしてくれる信頼できるブランドから膝サポーターと膝スリーブを購入するようにしてください。

5. 気楽に

運動の効果は、どれだけ頑張るかだけでなく、回復などの要素にも左右されます。クールダウンは、パフォーマンスを向上させ、怪我のリスクを減らす、あらゆるトレーニング計画の重要な部分です。クールダウンには通常、柔軟性を高め、関節を保護するのに役立つストレッチなどの軽い運動が含まれます。

必要に応じて、特に慢性的な関節痛に苦しんでいる場合や怪我からの回復中の場合は、 膝サポーター、膝ストラップ、膝スリーブは特に役立ちます。これらのガイドラインを、膝に特化した定期的な関節運動と組み合わせてください。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策