コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

foot-and-ankle-sleeves-and-support

圧迫療法の4つの活用方法

圧迫衣類や圧迫療法の使用が必須、あるいは必須となる病状がいくつかあります。その中でも、関節炎による慢性的な痛みが最も多く挙げられます。

これらの衣服が提供する圧縮は、痛みや不快感などの症状を軽減するとともに、動きやすさを助けます。圧縮が高ければ高いほど、衣服がきつく感じられます。

圧迫療法の4つの活用方法

その科学的根拠は、サポートが必要な体の特定の部位にバランスのとれた表面圧力をかけることで血流を促進し、さまざまな筋肉群への酸素供給を増やすというものです。その結果、運動能力が向上し、乳酸の蓄積が減り、体から水分が排出されることがわかっています。

簡単に言えば、圧縮衣類は、その着用を必要とする一般的な病気にかかっていなくても使用できます。圧縮療法の利点を活用できる他の方法は次のとおりです。

圧迫療法の利点

1. 圧迫療法による血行改善

圧縮衣類、特に膝、ふくらはぎ、足首、または足のスリーブは、旅行に使用されます。特に長距離飛行の場合、長時間窮屈な空間に座らされることにより、循環器系の問題が発生するリスクが高まります。

この目的で使用すると、圧縮衣類は不自然な状況にもかかわらず、身体の自然な血液循環能力を改善し、サポートするのに役立ちます。

2. 運動能力の向上

事例証拠によれば、圧迫療法はアスリートにとって有益である可能性があると示唆されています。

「いくつかの研究では、圧縮衣類が筋肉疲労の軽減に役立つ可能性を示唆していますが、運動中にこれらの衣類を着用することの利点を完全に定義できる科学的に有効な研究は十分にありません。競技中は、スポーツ特有の規則によって、着用できるものとできないものが規定される可能性があります」と、スポーツ医学医師のローレル・ルドルフ医学博士は述べています

3. 気象条件の管理に役立ちます

トレーニング、特にランニング中に効果があると考えられているため、コンプレッションウェアは、最もカジュアルなアスリートのトレーニング用具の一部としても一般的に取り入れられています。

足首、足、ふくらはぎのスリーブは、寒い天候でもトレーニングをしたいランナーによく使われます。サポート力を提供するだけでなく、暖かさを保つのにも役立ちます。

4. 回復プロセスに有益

激しい運動から回復しているときでも、怪我から回復しようとしているときでも、圧縮衣類は疲れた筋肉や関節を回復させ、治癒プロセスを早めるのに役立ちます。

Dr. Arthritis は、品質と医学的見識に基づいた圧縮スリーブのラインを提供しています。

このブランドのコレクションは、88% の銅ナイロンと 12% のスパンデックスの高品質ブレンドを使用して作られており、入手可能な製品の中で最も銅含有量が多い製品の 1 つとなり、一日中快適に過ごせます。

今すぐ購入

www.doctorarthritis.orgにアクセスして製品ライン全体を確認し、今すぐ圧迫療法のメリットを享受してください。

詳細については、以下の記事を参照してください。

圧縮スリーブを24時間365日着用しても大丈夫ですか?

膝圧縮スリーブは本当に効果があるのでしょうか?

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策