コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

elbow-sleeve-braces-support

関節炎の医師が語る:健康な関節を維持するためにできる最善のこと

若いときは、関節を当たり前のように考えがちです。結局のところ、健康のピークにあり、関節や骨の劣化など考えるまでもありません。

しかし、20 代という早い時期からの生活習慣が、高齢期に近づくにつれて関節や骨の状態を決定します。これを踏まえて、将来的に関節を最高の状態に保つために、今日から実行できる予防策をいくつか紹介します。

1. ワークステーションが快適であることを確認する

20 代から成人期にかけて、仕事に多くの時間を費やすことになります。ですから、デスクで多くの時間を過ごすのであれば特に、できるだけ快適な職場環境を作るのは当然のことです。

できるだけ人間工学に基づいた椅子を選び、椅子から立ち上がるために常に体を曲げなければならないほど低い位置に置かないようにしてください。特にタイピングを頻繁に行う場合は、肘と前腕がサポートされていることを確認してください。

頻繁に休憩を取り、腕や脚も伸ばすようにしてください。

2. 健康的な食生活を維持する

体重は関節の健康に影響します。太りすぎの場合、関節に過度のストレスがかかるため、関節の摩耗が起こりやすくなります。

健康的な食生活は、身体に必要な栄養素を適切な量摂取できるようにするだけでなく、体重を維持するのにも役立ちます。

3. 運動をライフスタイルの一部にしましょう

筋肉を鍛えると関節のサポートに役立ちます。筋肉量を増やすと骨の安定性が向上します。

新しい運動プログラムを始める前に、必ずプロのトレーナーのアドバイスを求めてください。

4. 姿勢を意識する

まっすぐに立ったり座ったりすることは、体のすべての関節、特に首、膝、腰の関節を守るために重要です。

5. 自分の体の声に耳を傾ける

言うまでもなく、常に自分の体の声に耳を傾ける必要があります。自分の限界を超えないようにし、生活習慣が関節に与える負担を軽減するための追加措置を講じてください。たとえば、運動中や激しい反復運動中に圧縮スリーブを着用すると効果的です。温かいお風呂にゆっくり浸かると、痛みを和らげてリラックスできます。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策