コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

compression-gloves-wrist-supports

運動に力を入れるべき理由

「1日1個のリンゴで医者いらず」ということわざをご存知ですか?関節炎患者にとって、  1日10分早歩きをすると、実は医者いらずになるんです

これは、シカゴのノースウェスタン大学フェインバーグ医学部の予防医学教授ドロシー・ダンロップ氏が主導した新しい研究によるものです。ダンロップ氏の研究結果によると、膝、股関節、足首、足に関節炎の痛みがある人にとって、週に1時間の早歩き(1日のウォーキングの約10分未満)は障害を予防するのに十分な運動量だそうです。

「この最低限の基準は、運動不足の高齢者が、身体活動によって促進される幅広い健康上の利点を利用して、身体的に活動的なライフスタイルへの道を歩み始める動機となるかもしれない」とダンロップ氏は述べた。

この結論は、一般的な病気に苦しむ1,500人の高齢者を対象とした4年間の研究データに基づいている。 関節炎 関節痛、下肢の関節の痛みやこわばりなどの症状はあったが、当初は障害はなかった。

参加者の身体活動レベルはウェアラブルデバイスを使用して監視された。中程度から激しい身体活動を週に1時間行うと、障害のリスクが軽減されることが研究で判明した。具体的には、この活動により、安全に道路を渡れないほどゆっくり歩くリスクが85%軽減され、部屋を横切る、入浴、着替えなどの朝のルーチン作業など、日常生活の活動ができなくなるリスクが45%近く軽減された。

研究によると、4年後には、週に1時間の活発な運動をしていなかった参加者の24%が安全に道路を渡れないほど歩くのが遅くなり、23%が朝の日課をこなすのに困難を抱えていたという。

私たちは、関節炎の症状を管理する方法として、常に身体活動を推奨してきました。そして、この研究の結果は、最小限の身体活動でさえ関節炎にどのような影響を与えるかを強調しています。

とはいえ、診断以来運動不足だった関節炎患者にとって、この程度の運動量でさえも負担が大きすぎることもわかっています。しかし、1日10分の低負荷の運動が、より多くの人々が運動を始め、活動的であり続けるための足がかりとなることを願っています。他の人を誘ってモチベーションを保ちましょう。 関節炎 地域の患者と一緒に歩くように頼み、家族や友人にも一緒に歩いてもらいましょう。また、次のような道具や補助具を使うことを恐れないでください。 圧縮スリーブ または ブレース 追加のサポートのため。

前の記事 捻挫に手首用サポーターを使用するための総合ガイド: 関節炎の医師による解決策