コンテンツにスキップ
  • 30ドル以上のご注文で送料無料

言語

Your cart

0 items

Your cart is empty

ライフスタイル

Understanding Rheumatoid Arthritis Chest Pain: Causes, Symptoms, and Management
9月 22, 2023

関節リウマチの胸痛を理解する:原因、症状、対処法

関節リウマチ (RA) は、一般的に、特に手足の関節の痛みや炎症を伴います。しかし、これは心臓や肺を含む体の多くの部分に影響を及ぼす全身性疾患です。あまり知られていませんが、深刻な懸念事項の 1 つが、関節リウマチの胸痛です。 関節リウマチの胸痛の原因と症状 胸痛は関節リウマチによく見られる症状ではありませんが、一部の RA 患者にとっては現実です。この予期せぬ不快感の原因を特定することは不可欠です。ここでは、関節リウマチにおける胸痛の主な原因を詳しく調べ、関連する症状を探ります。原因と症状を認識することは、正確な診断とカスタマイズされた介入に不可欠です。 肋軟骨炎 RA 患者の胸痛の最も一般的な原因は肋軟骨炎であり、これは肋骨と胸骨 (胸骨) をつなぐ軟骨の炎症です。 症状:肋軟骨炎に伴う不快感は、通常、胸骨と肋骨の周囲に局在します。痛みが背中にまで広がり、心臓発作のような錯覚を引き起こす可能性があります。しかし、1 つの際立った特徴は、心臓に直接影響がないことです。この痛みは心臓発作の強さと感覚に似ている可能性があり、不安を感じるかもしれませんが、その本当の原因を理解することが重要です。 胸膜炎(胸水) 胸膜は肺を囲む薄い組織の層です。RA では、胸膜が炎症を起こし、胸膜炎を引き起こすことがあります。 症状:胸膜炎は鋭く突き刺すような痛みを引き起こし、特に深呼吸をしたときに顕著になります。咳やくしゃみをすると、この不快感が悪化することがあります。注意すべき付随症状は息切れです。息切れは胸痛を伴う場合があり、総合的な臨床像を描きます。 リウマチ結節 これらは RA 患者の皮膚の下にできる硬いしこりです。肘に最もよく見られますが、肺にできることもあります。通常は痛みを引き起こしませんが、結節が肺の表面近くにあると不快感を引き起こすことがあります。 症状:リウマチ結節は、一般的には無症状です。しかし、結節が破裂したり炎症を起こしたりすると、状況は変わります。このような出来事は予期せぬ痛みを引き起こし、結節の存在や状態の変化を警告します。 心臓合併症 RA は心血管疾患のリスクを高めます。これは、炎症が心臓組織に直接影響を及ぼすか、RA に関連するその他のリスク要因の存在が原因である可能性があります。心膜炎 (心臓の内膜の炎症)...

今すぐ読む

    申し訳ありませんが、このブログの公開記事はありません